VOICE

  • 在学生
  • 内定者
  • 卒業生
  • 教員

※インタビュー内容、在学生の学年は取材当時のものです。

2017年度

I.Sさん  音楽学科 演奏専攻 3年次生

I.Sさん  音楽学科 演奏専攻 管弦打楽器コース(ヴァイオリン) 3年次生
― 充実した環境のもと学びを深め、演奏者としての心得を身につけました。―
幼少期から習っているヴァイオリンを専門的に学びたいと考え、志望しました。同志社女子大学は、練習室や資料豊富な図書館など学ぶ環境が整っており、存分に音楽に打ち込むことができます。レッスンでは、実際に演奏家として活躍されている先生のもとで、作品に込められた想いを楽譜から読み取りながら、スキルを高めています。技術的な指導のみでなく、演奏者としての心得や演奏時の体の使い方、曲の知識など幅広く丁寧に教えていただきます。また、オーケストラや室内楽の授業では、仲間とともに美しい音楽を創り出すための協調性を学びました。1年を通じて演奏の機会が多く設けられているのも、学科のメリット。緊張を克服し人前で演奏する回数を重ねるうちに、落ち着いて演奏することができるようになりました。今後もさまざまな曲を勉強し、多くの人に演奏を聞いてもらいたいです。

W.Aさん  音楽学科 音楽文化専攻 2年次生

W.Aさん  音楽学科 音楽文化専攻 2年次生
― ピアノの技能を磨きながら、小学校教諭一種免許状を取得。
ピアノ実技のレッスンでは、指使いなど演奏技術の基礎からしっかりと指導していただきました。幼い頃から習っていたピアノですが、これまで以上に真剣に向き合うことができました。こうしたレッスンを通じて、楽譜の背景を考える思考力や、作者の想いを演奏に込める表現力が身についたと感じます。授業は少人数制。質問がしやすく、深い学びを得ることが可能です。音楽文化専攻では、音楽に加え教育や音楽療法など幅広く学べる点が大きな魅力のひとつ。卒業後の進路の選択肢も広く、私は小学校教諭一種免許状の取得をめざしています。そのため、2年次からは教職関連の授業を履修し、授業時間外でも模擬授業に向けて準備をするための時間をしっかりと確保しています。卒業後は、教育にかかわる仕事に就き、学科での学びを生かしたいと考えています。


学部学科・大学院

学部学科

専攻科

大学院

  • 受験生サイト
  • 音楽学会(頌啓会)
お問い合わせ
音楽学科事務室
京田辺キャンパス
TEL:0774-65-8501