1. 同志社女子大学ホーム
  2. 学部学科・大学院
  3. 学芸学部
  4. 音楽学科
  5. ゼミ・研究テーマ紹介

学芸学部 音楽学科

ゼミ・研究テーマ紹介

楽器演奏の技術力・表現力を高めたり、音楽を取り巻くあらゆるテーマの専門知識をさらに深めるための多様なゼミが設けられています。将来の夢や興味に合わせ、より豊かな感性と実技能力を育みます。

※インタビュー内容は取材当時のものです。

PICK UPゼミ

松下ゼミ

松下ゼミ

ゼミ生の声

表現力を大切に、多くの人の心に歌を届けたい。
Y.Nさん
音楽学科 演奏専攻 3年次生 兵庫県出身
課題のオペラアリアを通して声楽を学んでいます。レッスンでは、歌を豊かに表現するためには作詩・作曲者の意図や時代背景を想像する力も必要だと学びました。切ない恋のアリアでも、広い視野でイメージし表現できるようになったことは大きな進歩です。発声技術や表現力をしっかりと磨き、多くの人に歌を届けられる声楽家になることが将来の目標です。

仲ゼミ

松下ゼミ

ゼミ生の声

先生や学生が支え合うことで学びの質が深まりました。
Y.Aさん
音楽学科 音楽文化専攻 4年次生 大阪出身
地域にある文化施設が、こどもや若者の音楽体験に与える影響について研究しています。アンケート調査では、こども時代の文化施設における音楽体験は、心に印象深く残ることが分かりました。研究に行き詰ったときは、必ず先生や仲間が力を貸してくれるので、支え合うことの大切さを学びながら研究に取り組んでいます。

中野ゼミ

中野ゼミ

ゼミ生の声

体の使い方や重心の向き、鍵盤のタッチなど、
豊かな音色を生むピアノ演奏へアプローチ。
T.Kさん
音楽学科 演奏専攻 4年次生 大阪府出身
中野先生のご指導が、ただ弾くことだけが練習ではないと深く考えるきっかけになりました。ピアノを演奏するための体の使い方、重心の向き、鍵盤へのタッチなど、豊かな音色を生み出すための表現力などを毎週のレッスンで磨いています。本学では大勢の前で演奏する機会にも恵まれました。ソロだけでなく、声楽や器楽の伴奏なども良い経験となっています。中野先生のご指導をはじめとした数々の学びが、大学生活の充実につながっています。

椎名ゼミ

椎名ゼミ

ゼミ生の声

例えば国語の学びに音楽の要素を加えてみる。
新しい発想にも柔軟に応えてくれる環境に感謝。
S.Mさん
音楽学科 音楽文化専攻 4年次生 大阪府出身
柔軟な指導方法や学生の可能性を伸ばそうとしてくださる姿勢に感銘し、椎名先生のゼミを選びました。音楽の教員をめざし、学校で学ぶ教科の指導に音楽の要素を取り入れる方法などを模索しています。例えば国語の朗読にメロディーをつけるなど、音楽を通して学習内容をより理解しやすく楽しく学べるようにしたいと考えました。先生をはじめ仲間と意見を交換して新たな視点に気づくなど、みんなで学びを進める環境も気に入っています。

井原ゼミ

井原ゼミ

ゼミ生の声

尽きることのない音楽の魅力を、
ずっと追い続けていきたいと思います。
S.Mさん
音楽学科 音楽文化専攻 4年次生 大阪府出身
井原先生とのレッスンで何より驚いたのは、「息遣い」のことでした。息の吸い方によって次に歌うフレーズのニュアンスが変わってくるというものです。素早く吸うと驚きや感情の高揚が表現しやすく、逆にゆっくり吸うと落ち着いた気持ちでフレーズを歌うことができます。また、歌う際の「心は熱く、頭は冷静に」という心構えなど、次々と新しい世界への目を開かせていただき、音楽の底知れない魅力を実感しています。

成田ゼミ

成田ゼミ 写真

ゼミ生の声

データ化した音を編集し、曲を創る。
方向性を先生が示し導いてくれます。
A.Cさん
音楽学科 音楽文化専攻 3年次生 大阪府出身
コンピュータ音楽の制作について学んでいます。身の回りにあふれる自然の音や楽器の音を録音してデータ化し、加工や編集して曲を作成。録音することで聞き流していた音を発見できること、またデータ化により音が"見える"ことなど、興味深いことばかりです。黙々と作業に集中するあまり方向性を見失うこともありますが、先生が問いかけてくださることで考えを整理できています。

山本ゼミ

個々人の身体の構造や心の動きに合わせた自然な演奏法を体得。

立ち方、持ち方など、本来は一人ひとりの体型的特徴に基づいた形があります。そこでヴァイオリン演奏法のクラスでは、心身の動きから最も自然で効果的な演奏法にアプローチ。さまざまな楽曲とともに、自分に対する理解も深めてもらいたいと願っています。

椎名ゼミ 写真


ゼミ生の声

H.Aさん
音楽学科 演奏専攻 管弦打楽器コース 2年次生 和歌山県出身
山本先生は、小柄な私の身体に合った演奏法を教えてくださいます。自然な身体の使い方を学ぶことで、表現力の幅がぐんと広がってきました。曲の時代背景、作曲家の人生にも深く入り込み、そこから自分流の音楽ができあがっていくのが楽しいです。

稲田ゼミ

音楽+ビジュアル+言葉。
芸術をで、作品に触れ視野を広げることが大切。

基本テーマである「音楽療法」からさらに視野を広げ、芸術全般に関する独自のテーマを探し当てていくことがゼミのねらいです。自分の感性や信条を大切にすると同時に、多様な考えや価値観を尊重することは、いかなる学問をするうえでも基本となる姿勢です。

椎名ゼミ 写真


ゼミ生の声

H.Eさん
音楽学科 音楽文化専攻 3年次生 京都府出身
自分の描いた絵を楽譜に見立てて音をつけたり、絵のイメージに合わせて即興演奏をしたりする授業もあります。先生に「それは違う」と言われたことはありません。うまくいかないと思うことも、それを間違いではなく発見ととらえ、自分の感性を磨いています。

このページの先頭へ


河江ゼミ

表現力を高めるため、日々の生活を充実させてほしい。

個性や得意・不得意、体格などを考慮し、それぞれの資質に応じた指導を心がけています。その人独自の表現力を演奏で発揮するには、基礎的な演奏技術以上に「心」や内面の充実が大切。実直な学生生活の中で、音楽以外のことも幅広く学んでいる人ほど、後々演奏表現に磨きがかかります。音楽の本質をしっかりととらえ、音楽で一つのことを突き詰めて取り組んだ経験は、将来大きな糧になることでしょう。

河江ゼミ 写真


ゼミ生の声

T.Nさん 音楽学科 演奏専攻 鍵盤楽器コース 3年次生 京都府出身

T.Nさん
音楽学科 演奏専攻 鍵盤楽器コース 3年次生 京都府出身
先生は作品に取り組む前に自分で考え、理解する時間を与えてくださいます。その過程を経ることで、感性が磨かれ表現力が伸びているように思います。授業では必ず何かプラスになる発見ができ、先生の的確な一言でアイデアがひらめくことも少なくありません。

卒業研究テーマ一例


2016年度

演奏専攻(公開卒業試験)

【声楽コース】

  • ・演奏会アリア「どうしてあなたを忘れられよう?…心配しないで、愛する人よ」K.505/W.A.Mozart
  • ・歌劇「ミレイユ」より 私の心は変わらないわ/C.Gounod
  • ・歌劇「サムソンとデリラ」より 愛の神よ!私を助けにきておくれ/C.Saint-Saëns

【鍵盤楽器コース】

  • ・Fantasie d-moll,KV397(385g)/W.A.Mozart
  • ・Fantasien d-moll,Opus116 1.Capriccio 2.Intermezzo 3.Capriccio/J.Brahms
  • ・ImagesⅡCloches à travers les feuilles,Poissons d’or/C.Debussy

【管弦打楽器コース】

ヴァイオリン
  • ・Konzert für Violine und Orchester D-dur op.77Ⅰ.Allegro non troppo/J.Brahms
サクソフォーン
  • ・Concert en Mi bémol pour Saxophone alto avec accompagnement de piano/A.Glazounov
チューバ ・Concerto for Tuba and OrchestraⅠ.Allegro Moderato Ⅲ.Allegro Molto/J.Williams
音楽文化専攻

【サウンドデザイン研究】

  • ・THE MYTHOLOGY(作曲作品)
  • ・ヴォイスアート~声を使用した電子音響音楽

【ミュージックスタディーズ研究】

  • ・インバウンド観光における日本文化理解のためのメディア戦略
    -「スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)」から「歌舞伎」へのいざないの在り方-
  • ・ドビュッシーとアート・文学の関わり

【ミュージックセラピー研究】

  • ・認知症高齢者に対する音楽療法の有効性について

【ミュージックエデュケーション研究】

  • ・近江兄弟社学園とヴォーリズ夫妻

このページの先頭へ


2015年度

演奏専攻

【声楽コース】

  • ・歌劇「椿姫」より ああ、そはかの人か~花から花へ/G. Verdi
  • ・歌劇「ホフマン物語」より オリンピアの唄/J. Offenbach
  • ・歌劇「セビーリャの理髪師」より 今の歌声は/G. Rossini

【鍵盤楽器コース】

  • ・Partita Ⅰ B-dur BWV. 825 Praeludium/J.S.Bach
  • ・Kreisleriana (8 Phantasien) op.16/R.Schumann
  • ・24 Preludes op. 34 No.24 d-moll/D.Shostakovichk

【管弦打楽器コース】

ハープ
  • ・RHAPSODIE pour la HARPE/M. GRANDJANY
オーボエ
  • ・SONATA G-MOLL für Oboe, Cembalo/J. S. Bach
トロンボーン ・Concerto per trombone e orchestra/N. Rota
・Riduzione per trombone e pianoforte
・Ⅰ.Allegro giusto Ⅱ.Lento, ben ritmato Ⅲ.Allegro moderato
音楽文化専攻
  • ・「弦楽四重奏曲」の作曲
  • ・チャップリンの無声映画
    「 チャップリンの番頭(The Pawnshop)」のための音楽パート制作
    -電子音響とピアノを用いて-
  • ・大阪市湾岸地区のまなび/あそびの融合化による音楽文化形成の可能性
    -「公立学校」「シンフォニーホール」「USJ」での音楽体験を事例にして-
  • ・宝塚歌劇団のこれから
    -芸術文化の需要拡大に向けて-
  • ・インバウンド観光における日本文化理解のためのメディア戦略
    -「スーパー歌舞伎Ⅱ」から「歌舞伎」へのいざないの在り方-
  • ・学校音楽教育におけるアウトリーチ活動の可能性

このページの先頭へ


2014年度

演奏専攻(公開卒業試験)

【声楽コース】

  • ・歌劇「椿姫」より あぁ、そはかの人か~花から花へ~/G.Verdi
  • ・歌劇「売られた花嫁」より ああ、何てつらいの!/B.Smetana
  • ・歌劇「ハムレット」より オフィリアの狂乱の場
    どうぞ皆さん、私も遊びの仲間に入れてください~ああ!愛しい夫よ!/A.Thomas

【鍵盤楽器コース (ピアノ)】

  • ・Sonate fur Klavier Nr.30 E-dur op.109 Ⅰ.Vivace,ma non troppo Ⅱ.Prestissimo/L.v.Beethoven
  • ・Sonate fur Klavier Nr.3 f-moll op.5 Ⅴ.Allegro moderato ma rubato/J.Brahms
  • ・Fantasie h-moll op.28/A.N.Scriabin

【管弦打楽器コース】

ホルン ・Konzert fur Horn und Orchester Nr.2Ⅰ.Allegro Ⅲ.Rondo Allegro molto/R.Strauss
フルート
  • ・RHAPSODIE/J.M.Damase
ヴァイオリン
  • ・Concerto for violin and orchestra D-major op.35Ⅰ.Allegro moderato/P.I.Tchaikovsky
音楽文化専攻
  • ・『 音の居場所』 1.スペイン 2.沖縄 3.京都( コンピュータ音楽制作)
  • ・~癒しのための音楽~( コンピュータ音楽制作)
  • ・音楽家との出会いが児童にもたらす教育的効果の考察
    ―小学生を対象とした文化芸術体験を事例に―
  • ・大人のための〈子供の情景〉 ―作品の背景から考える演奏時の表現について―
  • ・音楽の活用方法 ―歴史から見るBGMの考察―
  • ・テレビゲーム音楽の自立と新たなる作品の創出プロセスについての一考察
    ―プロフェッショナルおよびアマチュア楽団と一般聴衆の果たす役割―

このページの先頭へ



学部学科・大学院

学部学科

専攻科

大学院

  • 受験生サイト
  • 音楽学会(頌啓会)
お問い合わせ
音楽学科事務室
京田辺キャンパス
TEL:0774-65-8501