学科トピックス

「ことばプロジェクト」井上伸一郎氏講演会

「ことばプロジェクト」井上伸一郎氏講演会

【2016年度 第2回 情報メディア学科講演会】

日時:2016年11月2日(水) 15:00~17:00
 11月2日15時から京田辺キャンパスC283教室において、株式会社KADOKAWA代表取締役専務井上伸一郎氏を招聘し、講演会が開催された。
  井上氏の講演は「『時をかける少女』文庫40年 少女の言葉はどう時をかけたのか」というタイトルの下、40年間の言葉の変化についてのものであった。この変化をより明確なかたちであぶり出すために、井上氏はまず宮崎駿監督のアニメーション作品における少女たちの台詞に注目した。一般的に宮崎作品の少女たちは、独特な言い回しと古風で女性的な言葉を話しているように捉えられている。だが、井上氏が作品から抽出した台詞を検証すると、それらは過去から現在にむかって変化し、より現代的な、かつジェンダー開放型のものになってきているのが理解できる。つぎに井上氏が着目したのは、言葉におけるジェンダーである。井上氏は江戸期から現代にいたる女性たちの言葉を分析し、私たちが知るところの女性的な言葉が実は狭い範囲の流行物であり、そうしたものが現在においては定着してしまっていることを指摘した。つまりは、言葉はそもそもジェンダー開放型のものであり、宮崎作品にみられるような言葉のあり方の現在形は歴史上では特殊なものではないのである。こうした議論を踏まえた上で、過去から現在へとジェンダー開放型にむかう言葉の変化の図式の下で、井上氏は最後に『時をかける少女』(小説と実写映画、そしてアニメーション作品)の言葉の変化を指摘した。
  井上氏の講演が終了した後、本学学生および一般の来場者たちと井上氏による質疑応答が行われた。学生たちの積極的な発言と井上氏の非常に細やかな応答により、講演と同様、質疑応答の時間もまた、実り豊かなものとなった。
 なお、本講演会は、同志社女子大学教育基金に係る援助金を受けて立ち上げた「ことばプロジェクト」の一環となる。

(同志社女子大学情報メディア学科助教 松谷容作)

森・有賀ゼミ3年次生合同制作 京都市共同広報プロジェクト動画作品発表会

森・有賀ゼミ3年次生合同制作 京都市共同広報プロジェクト動画作品発表会

「京都市共同広報プロジェクト動画作品」発表会

2016年10月4日(火) 15:15~18:15
同志社ローム記念館 劇場空間

森ゼミと有賀ゼミの3年次生は、春学期のゼミにおいて地域社会に貢献するメディアコンテンツの制作プロジェクト(京都市の各部門の活動を広く市民に伝えることを目的とした動画の制作)を実践しました。このたび、学生のアイデアが随所に発揮された映像コンテンツが完成し、京都市の各担当部門の方々をお招きして発表会を行いました。

プロジェクトは、リーダーの学生を中心に各ゼミの学生混成のチームによって編成され、計6チームが制作に取り組みました。今年で5年目を迎えるこのプロジェクトは、京都市役所から京都市の施策に関わる情報を提供いただき「市民の皆様にわかりやすく伝える」ということを念頭に映像コンテンツの企画・制作を行うものです。アニメーション、ドキュメンタリー、ドラマなど学生達が普段の授業の中で身に付けた様々な手法を用いることで、それぞれのグループの特徴を出しながら制作しました。

■動画タイトル
1. マルチな罠~身近に潜む甘い商法~
2. 18歳選挙
3. ファイヤーウーマン
4. 私の彼は、京都の山を愛しすぎている
5. 「京都市バスで巡る緑-京都岡崎ループ-」「急行105系統」
6. 京都B&Sプログラム 

完成した映像コンテンツは京都市の公式ウェブサイト「京都市情報館」のトップページに設置した「きょうと動画情報館」のバナーから視聴することができます。また、Web上で公開される他、それぞれの担当部門が開催する広報活動の場でも上映される予定です。ぜひご覧ください。

京都市情報館
http://www.city.kyoto.lg.jp/


講演会 Invisible Filter もう一つのデザイン・プロセス

講演会 Invisible Filter もう一つのデザイン・プロセス

【2016年度 第1回 情報メディア学科講演会】

日時:2016年10月19日(水) 15:15〜16:45
大阪を拠点に活動する気鋭の女性デザイナー、増永明子氏をお招きし「Invisible Filter もう一つのデザイン・プロセス」と題した講演会を開催しました。講演は、mscギャラリーで同時期に開催した増永氏による展覧会「Invisible Filter 探求への好奇心、想像の泉」のコーディネートを担当されたDML(DESIGN MUSEUM LAB)の久慈達也氏と増永氏との対談という形式ですすみました。

前半は展示の意図に関して久慈氏から詳細の説明がありました。空間設計から壁面のグラフィックの扱い方など、論理的に積み上げられた空間の構成も実は増永氏のデザインを理解するための重要なヒントになっていました。後半は、久慈氏が増永氏の「デザイン・プロセス」に対して質問を投げかけ話が展開しました。その中で徐々に増永氏のデザイン手法が明るみになってきます。例えば、増永氏はロゴデザインなどを手がけるにあたって、依頼主と徹底的に(定期的かつ長期間)打合せを重ね、その積み重ねが最終的なデザインを作り上げます。依頼主の本質を見つけ出し、その中から必要なものを自身(デザイナー)のフィルターにかけ、そして完成品(デザイン)へとイメージを近づけるのだそうです。

講演終了後は増永氏・久慈氏と本学学生および一般の来場者による質疑応答も行われれ、その中には現代におけるデザイナーの立ち位置を再確認できるような質問もあり、講演の内容と同様に興味深いやり取りで講演を締めくくることができました。講演は今後デザインという職業に携わりたい学生にとっては、デザインとは何かを考えるきっかけとして、そして今後の研究の方向性や意義を見いだせる貴重な機会となりました。


増永明子展 Invisible Filter 探求への好奇心、想像の泉

増永明子展 Invisible Filter 探求への好奇心、想像の泉

mscギャラリー【増永明子展 Invisible Filter 探求への好奇心、想像の泉】

会期:2016年9月23日(金) ー 10月28日(金) 9:30ー19:30

アイデアに「かたち」を与えるデザインという行為は、見方を変えれば、無数にある可能性を振るいにかけて、一つの「かたち」を選び出していく作業といえるでしょう。デザインの源泉たる選択の基準は、デザイナーの視座と感性によって様々ですが、ものごとの価値を見定める自分なりの世界の捉え方がそこにあります。本展は、大阪を拠点に活動するデザイナー、増永明子の仕事の背景にあるデザインの源泉を可視化することで、構想や制作の過程だけではうかがい知れないデザインの知に迫ります。

増永明子氏 プロフィール
デザイナーブランディングを軸にグラフィック、パッケージ、空間等を通じて本質的な解決を目指したコミュニケーションデザインを展開教育、地域、社会に関わる実験的展覧会、ワークショップ、講演多数国内外のコンペティションにて多数入選・受賞大阪芸術大学短期大学部講師東京2020エンブレム委員会審査員共著書「デザインのプロセス」MdN


シナリオ・演出ワークショップ

シナリオ・演出ワークショップ

【2016年度 第6回 情報メディア学科ワークショップ】

2016年9月25日(日) 9:30〜17:45

映画監督・脚本家としてご活躍の安田真奈氏をお招きし、シナリオ・脚本ワークショップを開催しました。

午前中は、『仕事で映画を作るということ』をテーマに、安田氏から映画監督・脚本家の仕事内容についてお話しいただきました。
つづいて脚本を書くための構成要素や、『三幕構成』について説明していただき、さらに物語を結末まで導くための重要なポイントであり、主人公の目的達成の障害となる『枷』に対する理解を深めました。
また、ト書きが生み出す脚本の変化、演出・芝居に依るシーン描写のヴァリエーション、社会問題をもとにした脚本作成など、物語の構想を練る際の様々なアプローチの仕方をご教示いただきました。

午後からは演出・撮影の実習に入り、ワンシーンだけの脚本をもとに、学生たちが考えた演出、カット割りでの撮影を行いました。
まずプロのムービーカメラマンで本学嘱託講師の武村敏弘氏が、安田氏による演出とカット割りの撮影・カメラワークを実演し、学生たちは、それを手本として、監督・撮影・録音・キャストを兼任しつつ協力しながら、3パターンの演出・カット割りの映像素材を撮り終えました。

本格的な映像撮影の行程を一連で経験できたことは、演出と撮影の相互関係を意識するという点で、学生達にとって貴重な体験となったことでしょう。今後の映像制作に活用していくことを願います。

今回撮影した映像データは、10月15日開催の映像編集ワークショップで編集素材として使用されます。

参加者11名


rolls 田中朝子展

rolls 田中朝子展

mscギャラリー【rolls 田中朝子展】

会期:2016年7月4日(月) ー 7月29日(金) 9:30ー19:30

版画・写真など様々なフィールドで活躍されている田中朝子氏の展覧会を開催しました。
今回の展示は大きく分けて二つのパートで構成されています。「本」と「空」です。どちらも複数のイメージを「重ねる」「繋ぐ」「積み上げる」と、ある種の数学的な操作によって写真や映像、本に再編集され制作されたものです。

今回は、写真などの平面作品だけでなく、パラパラマンガや映像など多岐にわたる田中氏の制作手法が如何なく発揮された、見るものの視覚を少しづつ“ずらしていく”愉しい展示となりました。表現媒体と表現内容の絶妙なバランスによって生みだされた田中氏の作品を体験することは、デザインやアートを志す学生にとって、自身の研究を深化させる絶好の機会となりました。


ヨガワークショップ

ヨガワークショップ

【2016年度 第5回 情報メディア学科ワークショップ】

2016年7月13日(水) 15:00〜16:30

日本アイアンガーヨガ協会の認定指導員である山口博哉氏をお迎えし、初心者のためのヨガワークショップを開催しました。

アイアンガーヨガとは、Yogacharaya Sri B.K.S.Iyengar(アイアンガー師)によって編み出されたヨガメソッドのことで、身体の歪みをアライメントしながら心と体の柔軟性や強さを増進させ、健康を維持することが目標とされています。

ワークショプの導入時には、足を前に伸ばして座り、前屈することが求められました。アイアンガーヨガが大切にしていることは、普段ほとんど意識することのない身体の奥にある関節や筋肉を、曲げる、のばす、ねじるなどのポーズを行うことを通じて自覚することのようです。

導入の後、全員アイアンガーヨガの最も基本的なポーズを体験しました。立ち、座り、前屈、後屈など、一見簡単そうに見える基本のポーズですが、実際にやってみるとなかなか手強い様子。しばらくすると汗がにじみ出るくらい大変です。しかし同時に心地よいのです。

こうしていくつかのポーズを実践し、初めてのヨガ体験が終了しました。参加者の多くは身体を伸ばすことを通じて、その細部を意識(自覚)し、同時に心的活動のコントロールを経験することができたはずです。それは極めてコントロールの難しい心的活動を、身体への意識的集中によって改善するマインドフルネスの実践でもあり、一種の瞑想法なのです。今後みなさんが遭遇するであろうストレスフルな状況を克服するために、アイアンガーヨガは優れたメソッドではないかと考えます。

参加者21名


After Effectsワークショップ

After Effectsワークショップ

【2016年度 第4回 情報メディア学科ワークショップ】

1回目:2016年7月3日(日) 10:00〜17:05
2回目:2016年7月10日(日)10:00〜17:15

映像編集ソフト、After Effectsのワークショップを開催しました。After Effectsは、日常的に目にするCM、映画、アニメーション、街中やネット上で流れる動画広告など、現代の映像コンテンツの制作には必須のツールとなっています。
本ワークショップは初心者でも参加できるよう、基礎的な使用方法を中心に講義と実践を行いました。

午前中は、アニメーション作品のワンシーンを参考にAfter Effectsで可能な映像表現を確認し、その後、実際にAfter Effectsの作業画面を見ながら、各パネルの呼称や用法の説明を受けた後、テキストアニメーションの作成を行いました。

午後からは、午前中に学んだキーフレームアニメーションを応用したより複雑な視覚効果の作り方や、モーショントラッキングの方法などを学びました。

ワークショップの最後には、学んだ知識のまとめとして、簡単なプロジェクションマッピング風のアニメーション作成に挑戦しました。テーマを『鏡の中の世界』とし、各自が自由な発想で15秒のアニメーションを作成しました。
出来上がった作品は映像データとして書き出し、壁に設置した鏡の形の白いアクリルパネルに重なるように投影、みんなで鑑賞会を行いました。上映される映像を観ながら、そのアイディアに驚いたり、感心したり、それぞれにフィードバックがあったのではないかと思います。

本ワークショップは受講希望者多数のため追加開催が決定し、2回開催となりました。
参加者 1回目:22名 2回目:16名


情報メディア学会 谷口真由美氏講演会「機嫌よう暮らしましょ − 失敗してもなんとかなるもんですわ」

情報メディア学会 谷口真由美氏講演会「機嫌よう暮らしましょ − 失敗してもなんとかなるもんですわ」

【同志社女子大学 情報メディア学会 講演会】

日時:2016年7月6日(水) 15:1516:45
コメンテーターとしてテレビやラジオに出演されている大阪国際大学准教授の谷口真由美先生に「機嫌よう暮らしましょ – 失敗しても何とかなるもんですわ」と題してご講演いただきました。

講演会では谷口先生の幼少期から現在に至るまでの写真とともに、人生でどんな失敗があり、それが今にどう繋がっているかということを軸にお話しをしていただきました。

谷口先生は、「成功した人の話は自分からはどこか遠い世界の話に感じがちだけれど、成功した人たちも沢山の失敗をしてそこに立っている。私の失敗談を聞いて失敗してもいいのだ、と感じて欲しい」と、失敗を恐れず前に進む大切さについて語って下さり、情報メディア学科の学生さんも将来、メディアに出演したり制作に関わったりするかもしれないが、多くの人に何かを伝えられることを、そして大変なことさえも楽しんで欲しいとエールを送ってくださいました。

真面目な話ばかりでなく、ユーモアあふれる谷口先生のお話しで、笑いの絶えない楽しい講演会となりました。


第1回情報メディア学科 ライティングコンテスト

第1回情報メディア学科 ライティングコンテスト

第1回情報メディア学科ライティングコンテストの入賞者が決定しました。

本コンテストは、情報メディア学科2年次生以上と情報文化専攻(院)生を対象に、
2016年4月25日から6月24日の期間にエッセー形式の作品を募集したものです。

第1回目となる今回は、エッセーのテーマを「ふたり」「あの言葉」「始まる」の中から
1つ選ぶこととし、総数37作品の応募がありました。
審査の結果、10名の受賞者が決定しました。


第1回情報メディア学科ライティングコンテスト 入賞者一覧

最優秀賞 津上 理奈(院2年次) 「あの言葉」

優秀賞 川口 知子(4年次) 「あの言葉」
優秀賞 近藤 春佳(3年次) 「始まる」
優秀賞 西村 みのり(3年次) 「始まる」

審査員特別賞 丸山 乃の(2年次) 「あの言葉」
審査員特別賞 松岡 朋奈美(2年次) 「あの言葉」
審査員特別賞 三浦 早絵(2年次) 「ふたり」

入選 安藤 名穂(2年次) 「あの言葉」
入選 増田 絢子(2年次) 「ふたり」
入選 笹山 麻耶(4年次) 「始まる」

※受賞作品と講評は学科オリジナルサイトから読むことができます 入賞者発表



学部学科・大学院

学部学科

専攻科

大学院

  • 受験生サイト
お問い合わせ
情報メディア学科
(メディア創造学科)
事務室

京田辺キャンパス
TEL:0774-65-8635