学科トピックス

2012年度 卒業演習・制作7ゼミ合同発表会

2012年度 卒業演習・制作7ゼミ合同発表会

日時:2013年2月5日(火) 10:00〜17:00
情報メディア学科「卒業演習・制作」受講生のうち7ゼミ(有賀ゼミ、川田ゼミ、森ゼミ、村木ゼミ、中村ゼミ、和氣ゼミ、余田ゼミ)による卒業演習・制作の合同発表会が行われました。
それぞれのゼミの発表は多岐の分野に渡り、学生の関心の広さ、情報メディア学科の研究領域の多様性をあらためて認識しました。
発表者各々の持ち時間は短いですが、前年のポスターセッションや進級制作展から成長した学生の姿を垣間みることができました。
発表数94タイトル。


映像系ワークショップ応用編 「プロの現場に学ぶ CM・ドラマの撮影テクニック!」

映像系ワークショップ応用編 「プロの現場に学ぶ CM・ドラマの撮影テクニック!」

【2012年度 第5回 情報メディア学科ワークショップ】

日時:2012年12月16日(日) 9:00〜18:00
数多くの CM、ドラマ、映画で撮影監督を務める武村敏弘氏を講師にお迎えし、撮影テクニックを学ぶワークショップを開催しました。
午前は監督、助監督、カメラマン、音声、美術、照明など各スタッフの仕事内容や関係(例えば、室内セットでの撮影時にカメラ位置を変える場合は、カメラマンの為に美術がセットの一部を変更したり、照明がライトの位置を変更したりする必要が生じる等)、撮影前の綿密な打ち合わせや撮影現場での動きなど、撮影という仕事全般についてのお話から始まり、次に一眼レフカメラを使いながら、カメラレンズの絞り、シャッタースピード、感度のそれぞれの関係性やその効果についての技術的な説明がされました。その後、撮影時の構図やカメラアングルによって観客が受ける心理的効果や、観客を混乱させないための演者とカメラの位置関係について、実際のCMや映像作品を観ながら詳しく説明していただきました。
午後は、照明機材の使い方と屋外ロケや室内セットでの光の当て方を、参加者全員が実際にカメラで撮影しながら学びました。
ワークショップの最後には、雑談形式で質疑応答が行われました。参加者はワークショップで説明を受けた事についての疑問点が解消でき、さらに理解を深めることができたようです。
ワークショップ全体を通して、実際の撮影現場を意識したお話や撮影テクニックの説明がされ、参加者にとって有意義なワークショップとなりました。
参加者13名。


リュック・フェラーリ、インスタレーション「思い出の循環」

リュック・フェラーリ、インスタレーション「思い出の循環」

mscギャラリー【リュック・フェラーリ、インスタレーション「思い出の循環」】

日時:2012年11月5日(水) 〜11月9日(金) 9:30ー19:30
「音響装置は、観客ー聴衆を取り囲む曲線の表面を作るようにしなければならない。しかし、いる場所によって、異なった距離からの音響を受け取ることになる。すなわち、位置を変えることによって、多少とも空間を感じ取る、クローズアップやその逆を感じるのである。
こうして、六つの独立した音源が考えられるが、それらは離れているように知覚されたり、また同時に、一つの全体的環境を作るほどに混ざって聞かれることも必要である。
この六つの音源はそれぞれ独立して鳴らされる。それらは同期させられることなく、偶然的に時間の中で重なり合い、それはちょうど、実人生の音が私達の耳に到着する時に重なる、或いはより深く、私達の私的領域、頭の中の秘密の一角に到達する時に重なっているようなものだ。
六台の音源、ということは、およそ70分のCDが六枚、各CDは長さが異なっており、それによって決して重なり合いが同じにならないようになっている。
各CDの構成は同じである。4つの要素から出来ている。すなわち、
1) 言葉の要素(声、単語、文章の断片)
2) 現実の要素(環境音、多少とも解り易いそれ)
3) 沈黙(長さの異なる空虚)
4) 和声音の要素(「抽象」音或いは楽器音、層になっている)。
こうして、これらの要素は偶然的に時間の中で重なり合い、空間の中で変化する表面を形作り、身体の和声的曲線を移動させるような旅を生み出す。」
「現実の環境音は、非常に解りやすかったり、中程度に解りやすかったり、殆ど抽象的であったりさえする。しかし、それら全ては、記憶・内面・私の主観的ヴィジョンと関連があり、私の思い出と関わっている。
各要素は4分間で、小さな物語を語り、一つのドラマを感じさせる。これは作曲である。これは、私が遠い昔に録音し、全く使用せずに、忘れてしまい、今回使うことにした、音達の間を探しまわる一つのやり方なのだ。それはまた、私の現在時を録音することでもある。時間を混ぜ合わせること。路程である。
リストを作る。例えば、要素として、海・風・火山。摩擦として、布・皮膚・身体。交通として、町・列車・船・歩行。風景として、自然の環境音、夜の物音。内部として、家の中の音・化粧・遠くに聞こえる音楽。」
「現実は表現されるよりもむしろ示唆されるということに気がついた。しかし、音はこのように出来ている、つまり、それが現実に結び付いていることは解るが、その原因については忘れてしまっているような、幻影的なイメージを提示するのだ。この時、人は記憶のコレクションを手に入れる。」

文:椎名亮輔(学芸学部 音楽学科 教授)

出展者略歴
1929年2月パリ生まれ。コルトー、オネゲル、メシアンに師事。G.R.M.創設においてピエール・シェフェールと共働する。器楽、ミュージックコンクレート、電子音響音楽、映画、インスタレーションなど、さまざまな分野で活躍。スタジオ「回路の詩神」設立したが、後に離れる。その後、個人のホームスタジオ「アトリエ・ポスト=ビリッヒ」を作る。世界各地で演奏、講演、教育活動を行う。
1972年カール・シュズカ賞、1987年イタリア賞、1988年には再びカール・シュズカ賞、1989年文化省グランプリ、1990年クーセヴィツキー財団賞、1991年には二回目のイタリア賞を受賞した。


白井敬尚展 思考する紙面設計―雑誌〈アイデア〉のひみつ

白井敬尚展 思考する紙面設計―雑誌〈アイデア〉のひみつ

mscギャラリー【白井敬尚展 思考する紙面設計―雑誌〈アイデア〉のひみつ】

日時:2012年10月1日(月) 〜10月30日(火) 9:30ー19:30
日本を代表するグラフィックデザイナーである白井敬尚氏の展覧会を開催しました。
白井氏は世界で読まれているデザイン誌である〈アイデア〉をはじめとして、雑誌のデザインやブックデザインを数多くてがけています。また、デザインワークと並行してヤン・チヒョルトなど欧文活字に関する研究など、タイポグラフィを中心としたグラフィックデザイン分野の様々な研究活動も行っています。
今回の展覧会では白井氏の仕事を通して、各々の紙面がどのように設計されていくのかにスポットをあて、雑誌のデザインの思考方法と過程(プロセス)を俯瞰することがテーマでした。展示室内の壁面には白井氏が手がける仕事の一つである雑誌〈アイデア〉紙面のための設計図が展示され、そして室内中央にはそれらの設計図を基に制作され完成した雑誌を展示していました。
白井氏は文字情報を的確に配置・構成するための独自のグリッド(方眼)を制作し、細部まで計算され尽くしたデザイン作業を行っています。展示されているのは、デザイン途中の色指定、書体の指定、台割(ページ構成)の手書きのメモ、紙面構成を視覚化した緻密なグリッドが描かれた台紙、本紙校正の紙面などでした。現在の雑誌や本は最終的にはコンピュータでデザインされますが、そこに至る過程での膨大な手書きのメモや詳細まで計算され尽くしたグリッドからは、白井氏のデザインに対する情熱と真摯な姿勢が伺えました。
学生達は、普段は決して見ることのできない設計図の詳細を見逃さないように間近で覗き込んでいました。中には、完成した雑誌の紙面を片手に持ちながら設計図の詳細を確認し、それらがどのように作られているのかを手許の雑誌と見比べる姿も見受けられました。「奇麗な絵を描く」「格好いいものをつくる」―といった、学生達が思い描く“デザイン”の概念とは異なるデザインの実際のプロセスからは、デザイナーが情報をもとにどのような思考で紙面を設計しているのかが見えてきたかと思います。学生の今後の研究・制作における紙面の設計の重要性を再認識する機会となりました。

白井 敬尚(Shirai Yoshihisa)氏 プロフィール
1961年愛知生まれ。株式会社正方形、正方形グラフィックスを経て、1998 年白井敬尚形成事務所を設立。 主にタイポグラフィの分野を中心としたデザインに従事している。また、タイポグラフィ史の研究にも積極的に取り組み、多くの大学・学校でデザイン教育に携わっている。主な仕事に、『タイポグラフィの領域』『書物と活字』『ふたりのチヒョルト』『欧文書体百花事典』(以上、朗文堂)、『秀英体研究』(大日本印刷)、『ユリイカ』(青土社)、『アイデア』(誠文堂新光社)など。 武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科教授。

■協力
加藤雄一(白井敬尚形成事務所)、樋笠彰子(白井敬尚形成事務所)、大西正一、竹内秀典(countercraftz)〈順不同・敬称略〉


白井敬尚氏講演会 「思考する紙面設計」

白井敬尚氏講演会 「思考する紙面設計」

【2012年度 第2回 情報メディア学科講演会】

日時:2012年10月10日(水)15:15〜
タイポグラフィを中心に様々なデザインの分野にご精通され、現在、隔月刊のデザイン雑誌『アイデア』のエディトリアルデザインを担う、グラフィックデザイナーの白井敬尚氏をお招きし、講演会を行いました。今回は編集現場の記録写真をプロジェクターで投影し、実際の作業内容の解説を中心に、デザインという仕事について語って頂きました。

『アイデア』は、国内外や新旧を問わず、デザインに関わる人や物をテーマとした雑誌です。ヤン・チヒョルトやウィム・クロウェルといったデザイン界の巨匠から、西洋活版印刷に見られる花形装飾活字の再考、現代のアニメやコミックのデザインに至るまで、各号ごとにテーマを決めて幅広く取り上げています。全号を通して、サイズや表紙のタイトルロゴ以外は特定の型を決めず、全体の色やデザイン、開き方や文字の組み方もその時のテーマによって変化します。これには白井氏の、特定のスタイルに縛られることなく内容に応じたデザインをするという、編集的な視点が反映されています。白井氏は、それを『知覚的な編集』と表現されます。

白井氏のお話から、雑誌が完成するまでには多くの行程があることが分かります。打ち合わせから始まり、取材、撮影、レイアウトの決定の後は、キャプションの組み方や、飾り線、文字の大きさ、色、配置の間隔等々の細部に至るまで、制作課程でその全てを決めなくてはなりません。中でも編集側とデザイン側との打ち合わせが一番重要だと仰います。お互いの構想をラフスケッチに書いて提示し合い、再構成を重ねるのです。手書きで行われるこのやりとりの一端は同時期mscギャラリーにて開催の『白井敬尚展 思考する紙面設計』でも見ることが出来、その書き込みに、試行錯誤の様子、白井氏のデザインに対する真摯さが伺えます。

また、ご自身で改良を加えたグリッドシステムについても触れて頂きました。グリッドシステムとは、紙面を構成する際、グリッドと呼ばれる大きな方眼紙のようなガイドをフォーマットとして活用し、デザインに一定の規則性を保たせる方法のことです。白井氏は従来のグリッドシステムに比べてさらに細かくグリッドを区切ることで、グラフィックソフトの使用に適応し、かつデザインの多様性を損なわない方法をご考案されました。ただし、グリッドシステムを使用する際の注意点として、逆にその型に嵌りすぎてしまうと柔軟性を失うこともあるため、時にはグリッドを取り払い、本来目指していた形にたびたび返ることが必要であるとのアドバイスも頂きました。

デザインの仕事というのは、どこまでも完成に近づけることはできても終わりのないジャンルであることを、お話を伺う中で感じました。厳しい中でも、それを楽しみ、技術を磨き続ける氏のお話に、学生は熱心に聞き入っていました。デザインを志す学生はもちろん、クリエイティブな分野を目指す学生たちにとって、氏の姿勢は大いに刺激となったと思われます。

白井 敬尚(Shirai Yoshihisa)氏 プロフィール
株式会社正方形、正方形グラフィックスを経て、1998 年白井敬尚形成事務所を設立。 主にタイポグラフィの分野を中心としたデザインに従事している。また、タイポグラフィ史の研究にも積極的に取り組み、多くの大学・学校でデザイン教育に携わっている。主な仕事に、『タイポグラフィの領域』『書物と活字』『ふたりのチヒョルト』『欧文書体百花事典』(以上、朗文堂)、『秀英体研究』(大日本印刷)、『ユリイカ』(青土社)、『アイデア』(誠文堂新光社)など。 武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科教授。


植木美也子氏講演会 「ソーシャルメディア×コミュニケーションデザイン -ソーシャル時代の新しい広告のカタチ-」

植木美也子氏講演会 「ソーシャルメディア×コミュニケーションデザイン -ソーシャル時代の新しい広告のカタチ-」

【2012年度 第3回 情報メディア学科講演会】

日時:2012年11月14日(水)15:15〜
同志社女子大学情報メディア学科の第一期卒業生であり、現在は、株式会社バスキュールでデザイナーとして活躍されている植木美也子氏をお招きし、ご講演いただきました。テーマは、「ソーシャルメディア×コミュニケーションデザインーソーシャル時代の新しい広告のカタチー」です。

自己紹介の代わりに上映された学生時代の作品からは、周りの人を楽しませる作品を自分自身も楽しんで作るという姿勢を、当時から持たれていたことがうかがえました。

インターネットの普及により、広告は「ラブレター」のような一方向にメッセージを伝えるものから、企業と消費者の「デート」=「相互的なもの」に可能性を広げたと語られ、その「デート」を企画する際に、どのようなコミュニケーション方法をとれば、ソーシャルメディアを介してより多くの消費者に楽しんでもらえるコンテンツになるかという持論を、「デジタル広告の恋愛テクニック」と題してわかりやすくご説明いただきました。

終始笑顔のお話は講演であることを忘れてしまうほどに楽しく、バスキュールの仕事内容を紹介される際の生き生きとした様子を目の当たりにすると、心から楽しんで仕事をされているのだということが分かりました。先輩の刺激的なお話は、学生たちが自身の将来を具体的に考える良いきっかけとなったことと思われます。

植木美也子氏プロフィール
同志社女子大学学芸学部情報メディア学科卒業。大学卒業後は、大阪のWEB制作会社へデザイナーとして就職したのち、バスキュールへ入社。
入社直後に、mixiの公認クリスマスイベントである「mixi Xmas」の立ち上げに関わる。1カ月で90万人を集めた人気のmixiアプリ「the Actress 華麗なる女優たち(ユニリーバ・ジャパン提供)」の制作チームにも参加。

バスキュール http://www.bascule.co.jp
2000年7月設立。言葉や世代を超えて世界中の人々に喜んで もらえるコンテンツを生み出すことを目標とし、新たな表現手法やコミュニケーション手法に積極的にチャレンジする、インタラクティブ・クリエイティブ・カンパニー。現在は、本格的なソーシャル時代の到来とスマートフォンの普及を見据え、ソーシャル マーケティングサービスを主軸に企画・開発・提供している。


「京都市政を広報するメディアコンテンツ」発表会

「京都市政を広報するメディアコンテンツ」発表会

日時:2012年10月9日(火)
森ゼミ有賀ゼミの3年次生は、京都市の活動を広く市民に伝えることを目的とし、京都市と共同で動画を制作しました。完成・公開にあたり、京都市の担当部門の方をお招きし、同志社ローム記念館で発表会を行いました。

京都市広報担当部門から示された約40の事業リストから、6つのチームがそれぞれにテーマを選択し、アニメーション、インタビュー映像、モーショングラフィックスなどの手法を使い、広報動画を制作しました。楽しく、わかりやすく伝えるということを念頭に、オリジナルキャラクターを登場させる、歴史をドラマティックに演出する、スタイリッシュなグラフィックをめざすなど、グループの特徴を出すことができました。
内容を京都市の担当部門の方と打ち合わせ、資料をいただき、ナレーションを含め細かい部分まで了承をいただきながら完成に至る過程のなかで、個人の興味やテーマで進める作品制作とは異なる観点を学びました。

制作した動画は、京都市Webサイト(http://www.city.kyoto.lg.jp/)の
きょうと動画情報館(http://www.youtube.com/user/CityOfKyoto)で公開されています。


紙面設計ワークショップ

紙面設計ワークショップ

【2012年度 第4回 情報メディア学科ワークショップ】

日時:2012年10月20日(土)13:00 - 17:00/10月21日(日)10:00 - 13:00
第一線で活躍するグラフィックデザイナー白井敬尚氏を講師にお迎えし、名刺制作ワークショップを二日間にわたり開催しました。

一日目は、「理にかなった構造をもった紙面構成」をテーマに、紙面を構成するタイポグラフィやレイアウトを考える上での理由付けについてお話しいただき、その後、実際の名刺の制作に取りかかりました。
作成したラフスケッチを白井氏に見せて名刺デザインの意図を説明し、白井氏からコメントをいただきながら、その場でラフスケッチを完成させ、その後Illustratorで実際の名刺データを作成しました。

二日目は、Illustratorで作成した名刺データをプリントアウトし、白井氏と実際の名刺を見ながら意見を交換し、さらに細かな調整を行い、名刺を完成させました。

文字と空白だけを用いたデザイン手法を体験することで、タイポグラフィの機能や面白さに気づくことができたワークショップでした。

参加者22名


清家美佳 アニメーション作品展 ― Deep In Reflection

清家美佳 アニメーション作品展 ― Deep In Reflection

mscギャラリー【清家美佳 アニメーション作品展 ― Deep In Reflection】

日時:2012年5月23日(水) - 6月29日(金)
大阪を中心に活動するアニメーション作家、清家美佳氏の作品展を開催いたしました。
大阪で育った清家氏は京都の美術大学でメディアデザインを専攻し、学生時代からアニメーション作品を制作・発表してきました。今回の作品は大学を卒業後間もない頃から、今年制作した最新作まで、清家氏の世界観が堪能できる作品の構成となっていました。

■展示作品
『蛾のいるところ』(SD/5’30/2001)
『鏡台』(SD/3’40/2003)
『二層の葛』(SD/8’00/2004)
『釣り草』(SD/4’40/2006)
『お向かいさん』(SD/8’50/2007)
『蛾鑑』(HD/5’40/2012)

■出展者略歴
清家 美佳 (アニメーション作家/大阪成蹊大学、名古屋学芸大学非常勤講師)
1975年大阪府生まれ、大阪育ち。現在も大阪を拠点にアニメーション作品を制作。主な作品に、「蛾のいるところ」(2001年)、「釣り草」(2006年、オムニバスアニメーション『TOKYO LOOP』に収録)など。最新作「蛾鑑」(2012年)がイメージフォーラムフェスティバル2012で東京・横浜・京都等で巡回上映。


写真ワークショップ 写真のミラクル「ありふれたモノから別の世界を創る」

写真ワークショップ 写真のミラクル「ありふれたモノから別の世界を創る」

【2012年度 第3回 情報メディア学科ワークショップ】

日時:2012年7月15日(日)11:00 - 17:30
幻想的な光の演出で、独自の世界観を写真で表現しつづける美術家・赤崎みま氏を講師にお迎えし、写真ワークショップを開催しました。

午前中は、36ミリ×24ミリの透明フィルムに油性マジックで模様を描き、それらをスライドプロジェクターで幅3メートル高さ2メートルに拡大投影することから始まりました。
午後は各自のカメラをつかって接写撮影をおこないました。被写体はビー玉やアルミホイル、花びらといったどこにでもあるようなもの、あるいは学内で見かける、ごく「ふつう」の風景です。今回はのちの画像編集を前提とせず、あくまで接写距離や光線の具合、被写体の選択に重きを置いて撮影がなされました。参加者は被写体にかぎりなく近づき、光線を工夫することで、それぞれのミラクルな(奇跡的)世界に出会ったようです。そこには撮影している本人でさえ驚くような世界がありました。
ただ見えるものを撮るのではなく、撮るものをまず見るという行為に意味を見出すことができたワークショップでした。

参加者14名



学部学科・大学院

学部学科

専攻科

大学院

  • 受験生サイト
お問い合わせ
情報メディア学科
(メディア創造学科)
事務室

京田辺キャンパス
TEL:0774-65-8635