ゼミ・研究テーマ紹介

研究テーマに沿って幅広い視野で物事を考え、少人数制で行う授業が本学科のゼミです。多様なゼミの中から、自分の興味や希望する進路に関連したテーマが必ず見つかります。通常の講義では味わえない連帯感と充実感はゼミならではです。

※インタビュー内容は取材当時のものです。

PICK UPゼミ

CORREAゼミ

CORREAゼミ

ゼミ生の声

学びの中で多様な情報を吸収し、
日々の成長を実感しています。
K.Mさん
国際教養学科 4年次生 大阪府出身
ゼミの魅力は、学生や先生に関係なく一人ひとりが意見を持ち、多様な意見を尊重し合える点です。各自が、留学先で得た知識やアイデアを共有し、学生の個性を尊重してくださる先生からのアドバイスを参考にしながら研究に取り組みます。私は「日本の女子大生の専業主婦志向」について研究し、アンケート結果の分析を深めています。たくさんの知識や意見を吸収できる環境で視野を広げることができたので、卒業後、タイで日本語教員として働く際には、ゼミでの経験を生かし生徒に多くの可能性を与えていきたいです。

Herderゼミ

Elliottゼミ

ゼミ生の声

自ら意見を発し、力を合わせてゴールを
めざすことの大切さに気づきました。
M.Mさん
国際教養学科 3年次生 京都府出身
イギリス留学中に学んだ「リーダーシップ論」をさらに深く追究したくて、帰国後の研究テーマにしています。一方的に講義を受けるのではなくクラスメイトとのグループワークなども交え、協調性の大切さについて考察。自ら意見を発すること、意見を出しあってひとつのゴールをめざすことの重要さを実感しています。将来は大学での体験をもとに、責任感を持って社会に貢献することが目標。得意の英語を生かせる仕事に就きたいと思っています。

Elliottゼミ

Elliottゼミ

ゼミ生の声

外国人の視点で日本について学ぶ。
今までとは違う見方がとても新鮮です。
Y.Kさん
国際教養学科 3年次生 大阪府出身
指導教員であるエリオット先生はイギリス出身。ゼミでは日本人の視点ではなく外国人から見た日本の立場、日本の描かれ方について理解を深めます。今までとは違った視点で日本と西洋の歴史や文化を学んでいくのは、とてもおもしろい点です。また映画など映像資料を用いた授業が多いのでわかりやすく、より一層関心を深めることができます。グループごとの討論形式で授業を進めていくのも刺激的です。

鈴木ゼミ

幅広い視野と自分なりの問題意識を持って取り組むことが大切。

アメリカ・カナダの地域研究がテーマです。ゼミ生は留学を通した実体験をふまえて学問研究を行うので、実践と理論の両面から異文化理解を深めることができます。単に知識を増やすのでなく、自分なりに解決すべき問題を見つけ、掘り下げることの重要性を強調しています。

鈴木ゼミ 写真


ゼミ生の声

活発に意見を交換し、新たな知識や考えを吸収。
自分の研究にも生かす。
T.Yさん
国際教養学科 4年次生 大阪府出身
留学先のカリフォルニアで学んだ、アジア系アメリカ人の歴史についてより深く学びたいと思い、日系アメリカ人のアイデンティティ・エスニシティについて研究しています。ゼミ生は宗教や文化など北米のさまざまな問題をテーマに研究しているので、互いの視野が広がります。

このページの先頭へ


飯田ゼミ

日英両言語で文献を読み、 まとめ、発表し、
議論できる力をつけてほしい。

バイリンガルに関する英語の入門書を読み、問題点を取り上げ議論していきます。英語圏に留学した学生は、英語を第二言語として学ぶ人と接する機会も多く、そのなかで言語、文化について考えることは貴重な体験です。日英両言語で理解し議論できる力をつけていきます。

飯田ゼミ 写真


ゼミ生の声

日・英二つの言語を使う留学中の体験が、研究テーマにリンク。
H.Aさん
国際教養学科 3年次生 兵庫県出身
バイリンガルになるための教育と第二言語の習得、その問題点について学んでいます。留学中の体験と照らし合わせて考える機会が多くあります。ゼミでは、テーマに沿った各自の体験を、積極的にディスカッションし、お互いの経験や意見を共有することができておもしろいです。

このページの先頭へ


潟山ゼミ

留学体験を踏まえて国や個人について考え広い視野を身につける。

「イングランドらしさ」について書かれた『The English』という本を読み、各章のテーマに合わせた観点を設定して、プレゼンテーションとディスカッションを行います。「日本らしさ」とは何か、国や個人のアイデンティティについて検討し、広い視野を身につけてもらいたいと考えています。

潟山ゼミ 写真


ゼミ生の声

O.Aさん
国際教養学科 3年次生 愛知県出身
留学した北アイルランドの大学で“妖精伝説”を研究テーマに選んだのは、潟山先生の助言があったからです。イギリスと日本を比較し、国民性や愛国心などのテーマについて留学先での体験を通じて討論することで、新たな発見が多く、視野を広げることができます。

このページの先頭へ


佐伯ゼミ

言語・コミュニケーション教育の研究で批判的思考力を高めよう。

日本人の英語学習者にはどう指導するのが効果的か?また外国人に日本語を教える場合は?英語教育と異文化理解の研究を深めるとともに、批判的思考や異文化コミュニケーションに関するプロジェクト型の研究テーマにも取り組んでいます。

佐伯ゼミ 写真


ゼミ生の声

O.Hさん
国際教養学科 4年次生 三重県身
少人数のゼミなので、同じトピックについてみんなで活発に意見交換できるのが楽しいですね。現在は「英語圏の人に対する効果的な漢字指導法」をテーマに卒業論文を書いているところ。いき詰まった時には先生にアドバイスをいただきながら進めています。

このページの先頭へ


卒業研究テーマ一例


2016年度

Linguistics/Culture
  • ・What kind of elements do Japanese students need to speak English fluently or with confidence?
    ・Bilingualism and early childhood education
    ・Identity and intercultural communication
    ・The differences between Japanese Manzai and American stand-up comedy
    ・English vocabulary learning strategies for university students
    ・Ethnic identity of Japanese American
Gender
  • ・Gender stereotypes in The Simpsons
    ・Non-verbal female behavior and public space in Kyoto
    ・Japanese women’s participation in economic and political aspects
Education
  • ・Peace education in Japan based on case study of history education in Germany
    ・Japanese school meal system as a possible measure against the obesity problem in the U.S
Business/Work
  • ・Ethical fashion and Japanese female consumers
    ・Topics and styles of humor accepted in a diverse workplace
    ・UNIQLO’s unique leadership development program
    ・What makes the Airbnb home-sharing business sustainable?
Media
  • ・Changing media images of female migrants in Japan, 1960-2015
    ・The attractive naming of food and purchasing motivation
    ・Filmic images of father in Japan
    ・Interracial relationships in Hollywood films

このページの先頭へ


2015年度

Social and Cultural Studies
  • ・ The Importance of Credibility in International Business and its Components
    ・ Broadway Industry and Capitalism:Contents which Attract Audiences
    ・ The Olympics as a Trigger to Homelessness:From Vancouver's Case
    ・ Is there a Confidence Gap Between Young Japanese Men and Women?
    ・ Fostering Zest for Life
    ・ What made the Difference in Tea Drinking Culture in Japan and Britain?
    ・ Japanese Culture and Young Chinese Views of Japan- China Relations
  • ・ How should the Religious Education be conducted in Japan?
Linguistics and Education
  • ・ Film Title Translation from English into Japanese:The Problems of Japanese Katakana Translation
    ・ The Complexity of High-context culture in Japanese Communication
    ・ The Relationship between University Students' Awareness about Katakana Words and Their English Skills
Gender and Media
  • ・ Women's Representation in TV Advertisement in South Korea
    ・ Film and Western Images of Japanese Women in Early 21st Century
    ・ Media Coverage: Analysis of September 11 Incident through USA Media

このページの先頭へ


2014年度

Social and Cultural Studies
  • ・Folk ‒Rock as Part of English Tradition
    ・The Relationship between Naming and Purchasing Motivation
    ・Why Can't budo be a Sport?
    ・The attraction of visiting Japan from American's View: Japan as a tourism country
    ・The Japanese Canadian Society in Montreal:The present condition of small community
    ・Identity of Dual Nationals in Japan
    ・Japanese Female Muslims and Identity in Japan
Gender and Media
  • ・Ideals of Female Beauty and "Haafu" in Fashion Magazines
    ・Exploring Leadership Styles: Do Women Need to Act Like Men to be Successful?
Linguistics and Education
  • ・Creating the ideal L2 self and English proficiency In a Study abroad context
    ・Acquisition of Japanese Demonstratives ‒ko, so, and a ‒
    ・How do Japanese people recognize wasei-eigo?
International Politics and History
  • ・The Environmental Problems Caused by Canadian Oil Sands Industry and Aboriginal Rights:
    -Lameman v. Alberta-
    ・Making the Invisible Visible: The Representation of Radiation in Postwar Japanese

このページの先頭へ



学部学科・大学院

学部学科

専攻科

大学院

  • 受験生サイト
お問い合わせ
国際教養学科事務室
京田辺キャンパス
TEL:0774-65-8602