1. 同志社女子大学ホーム
  2. キャンパスレポート一覧
  3. 2018年10月
  4. 東京フィールドトリップ(Japanese Studies Program)

イベントレポート

キャンパスレポート詳細

一覧へ戻る

東京フィールドトリップ(Japanese Studies Program)

開催日|2018年10月27日(土)~28日(日)

1027日(土)から28日(日)にかけて、Japanese Studies ProgramJSP)の日本文化・社会クラス『Japan Studies B』の一環として、東京でフィールドトリップを実施し、JSP留学生9名、クラスメイトの学生2名および引率者3名が参加しました。

Japan Studies B
では、日本の文化や、マンガやアニメーションなどのメディア、芸術などについて学んでいます。
今回のフィールドトリップでは、まず三鷹市の三鷹の森ジブリ美術館を訪問しました。ジブリ美術館ではアニメーションの仕組みや歴代のスタジオジブリ作品で登場した食事に関する企画展を鑑賞しました。さらにジブリ美術館でしか見ることのできないオリジナル短編アニメーションを鑑賞し、日本のアニメーション文化を築いてきたスタジオジブリの軌跡をたどることができました。

また、原宿の太田記念美術館では、日本各地の風景を豊かに描いた浮世絵師、歌川広重の作品を鑑賞しました。留学生たちは風景画から花鳥画、美人画まで様々なジャンルの作品を一つずつ丁寧に鑑賞していました。その後は原宿を散策し上野へ移動しました。上野では下町風俗資料館を訪れ、実際に触れて体感する四季折々の下町の生活や下町地域にゆかりの資料や生活道具や玩具などに実際に触れました。区内の銭湯で実際に使われていた番台に座る留学生もおり、昔の日本の生活スタイルに興味津々の様子でした。


JSP
の課外フィールドトリップは、留学生と本学学生が授業外でも日本文化を学びながら、交流を深める機会となることを目的としています。この参加を機会に、日本文化についての関心と学生同士の交流が深まることを願っています。



イベントレポート

お問い合わせ
広報課
京田辺キャンパス
TEL:0774-65-8631