1. 同志社女子大学ホーム
  2. キャンパスレポート一覧
  3. 2018年5月
  4. 人間生活学科フィールドワーク<映画『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』鑑賞>

イベントレポート

キャンパスレポート詳細

一覧へ戻る

人間生活学科フィールドワーク<映画『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』鑑賞>

開催日|2018年5月16日(水)

 5月16日、服飾文化研究室の3年生10名が京都シネマ(京都市下京区)で公開中の映画、『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』を鑑賞しました。ドリス・ヴァン・ノッテンは世界的に活躍するベルギー出身のファッション・デザイナー。映画では、デザインの発想からファッション・ショーまでの彼の服づくりを中心に、広い庭園のある美しい邸宅での暮らしぶりも描かれていました。慣れないドキュメンタリー映画に戸惑う学生もいましたが、一流デザイナーの服づくりへの深い愛情と日々の弛まぬ努力に触れ、ファッションにおける創造性の奥深さを感じる機会になりました。



イベントレポート

お問い合わせ
広報課
京田辺キャンパス
TEL:0774-65-8631