1. 同志社女子大学ホーム
  2. キャンパスレポート一覧
  3. 2017年2月
  4. 多世代交流型まちづくりの実践 講演会

イベントレポート

キャンパスレポート詳細

一覧へ戻る

多世代交流型まちづくりの実践 講演会

開催日|2017年2月4日(土)

講師:浦田 吉氏 場所:京まちや平安宮

担当:天野 太郎 参加者:学生21名、教員2名

 

今回の地域連携事業では、北海道観光大使である浦田吉氏を京町家に招き、観光のまちとして知られる富良野地域において、これまでの取り組みの一端を紹介するとともに、高齢化が進行する中心市街地の活性化と高齢者・若者が相互交流する多世代交流型の事業について講演会を行った。富良野で推進されている事業を通して、地域と行政、民間との関わりの今後の展望について考えるとともに、京都など他地域でも交通する課題であることを再確認することができた。観光の町として光り輝くために、住民側も光り輝き、満足度を高めていく必要がある〜このことは、同じ観光都市である京都でも今後の課題となろう。まちづくりに関する学生との意見交換とともに、河野健男・本学特任教授による社会学者の視点からの居住者移動に関するコメント、日下菜穂子・本学教授による京都・京田辺における実践経験を通した貴重な指摘などもあり、盛会となった。北海道でも最後に開発された「最も新しい町」からの実践報告が、「古都」京都のまちづくりに大きな意義を持つことを感じた。



イベントレポート

お問い合わせ
広報課
京田辺キャンパス
TEL:0774-65-8631