1. 同志社女子大学ホーム
  2. キャンパスレポート一覧
  3. 2015年3月
  4. 国立政治大学日本語指導実習プログラム(台湾)

イベントレポート

キャンパスレポート詳細

一覧へ戻る

国立政治大学日本語指導実習プログラム(台湾)

開催日|2015年3月8日(日)~3月15日(日)

国立政治大学日本語指導実習プログラムは、台湾の台北市に位置する国立政治大学において、日本語教育実習を行うプログラムです。今年のプログラムは、3月8日から15日の8日間行われ、6名の本学学生が参加しました。

国立政治大学では、主専攻と副専攻合わせて約300名の学生が日本語を学んでいます。実習では、国立政治大学で行われている日本語の授業に本学学生が出席し会話練習の相手になったり、実際に本学学生が授業の一部を行ったりするなどしました。今回参加した学生は全員が日本語日本文学科に所属し、日本語教育などについて学んでいる学生たちで、普段本学で学んでいることを実践する絶好の機会となりました。

授業外では現地の学生と互いの文化や習慣、日常のキャンパスライフについても情報交換をしました。台湾で日本語を学ぶ学生は日本のドラマやアニメを通じて日本に興味を持ち始めることが多いそうです。また、インターネットが普及したこともあり、日本のことについて非常によく知っている学生や来日したことのある学生が多かったそうです。

帰国前には、現地の先生方や学生が送別会を開いてくださり、台湾での実習の日々を振り返りました。

学生の中には日本で留学予定の学生もいて、今度は日本で会うことを約束したそうです。参加した学生たちは、単に日本語指導実習だけではなく台湾の文化や習慣、生活に直接触れ学ぶことができ、機会を見つけて今後も国立政治大学の先生や学生と交流をしたいと話していました。



イベントレポート

お問い合わせ
広報課
京田辺キャンパス
TEL:0774-65-8631