1. 同志社女子大学ホーム
  2. キャンパスレポート一覧
  3. 2014年12月
  4. 人間生活学科 フィールドワーク<旧山邑邸・竹中大工道具館>

イベントレポート

キャンパスレポート詳細

一覧へ戻る

人間生活学科 フィールドワーク<旧山邑邸・竹中大工道具館>

開催日|12月13日(土)

12月13日(土)、住文化ゼミの3年次生12名・4年次生1名で、兵庫県芦屋市の旧山邑邸、神戸市の竹中大工道具館に見学に行きました。

旧山邑邸(1924年)は、旧帝国ホテルで知られる米国の建築家・フランクロイドライトとその弟子により建てられました。山元勝彦館長から、本建物が重要文化財に指定される経緯について、ご説明がありました。芦屋を一望できる景色、水平に流れるような空間、有機的と称される材料や装飾について、じっくり見学しました。

竹中大工道具館は2014年秋にリニューアルしたばかりで、木の香りが漂う中、加藤悠希研究員に説明していただきました。大工道具の発達に伴って、原始から建築物が変化してきたこと、日本・アジア・西洋の大工道具と木造建築の比較、お茶室の技術について、お話がありました。かんな削りを体験し、さまざまな木の材質や香りにふれました。

夕方からは、都市の復興・再生への希望を託したルミナリエ2014を見学しました。



イベントレポート

お問い合わせ
広報課
京田辺キャンパス
TEL:0774-65-8631