1. 同志社女子大学ホーム
  2. キャンパスレポート一覧
  3. 2011年6月
  4. 情報メディア学科ワークショップ 「タイポグラフィーによる頭の体操」

イベントレポート

キャンパスレポート詳細

一覧へ戻る

情報メディア学科ワークショップ 「タイポグラフィーによる頭の体操」

開催日|6月11日(土)

場所:京田辺キャンパス 情報メディア演習室3 知徳館1F C164

「お気に入りのCDジャケットを文字のみでリデザインする」ことをテーマに、ニコール・シュミット氏によるワークショップが開催されました。
今回は、国際タイポグラフィー様式にのっとった文字組みを習得するための練習として、文字をつかった「頭の体操」をおこないました。ニコールさんは学生たちのデザインを一つひとつ丁寧にチェックし、全員に対して個別のアドバイスをされました。文字を組み、アドバイスをもらい、修正し、またアドバイスをもらう。この作業が繰り返されましたが、そのうち学生のデザインに変化が生まれはじめました。
今回重要視されたのはデザインの結果ではなく、文字の組み方にどれほどのバリエーションがあるのか、自分自身で試行錯誤し、頭を柔らかくするということでした。アドバイスの最中、ニコールさんは何度も「分類」「関連性」といったキーワードを口にされましたが、決して学生に何らかの方法を押し付けることはありませんでした。
ワークショップ後にとったアンケートの中に「自分の頭がどれほど凝り固まっていたかが分かった」といった学生のコメントも見られました。
デザインという静的な作業にもかかわらず、終始にぎやかなワークショップとなりました。参加者20名。



イベントレポート

お問い合わせ
広報課
京田辺キャンパス
TEL:0774-65-8631