1. 同志社女子大学ホーム
  2. キャンパスレポート一覧
  3. 2008年12月
  4. 2008年度 人間生活学科公開講演会 共に「いのち」輝く社会を!~歴史になった?!"国連婦人の10年"~

イベントレポート

キャンパスレポート詳細

一覧へ戻る

2008年度 人間生活学科公開講演会 共に「いのち」輝く社会を!~歴史になった?!"国連婦人の10年"~

開催日|12月3日(水)

本学卒業生の山口信子さん(国際文化研究会元会長・1953年学芸学部英文学専攻卒業)を迎えて開催。在学生、卒業生、教職員など約50名が参加しました。(1)基本的人間の権利、(2)ジェンダー(社会的性差)、(3)1975年からの国連婦人の10年・その後の15年の国連世界女性会議、(4)男女共に平等な「いのち」輝く社会の実現について、スライドを交えて、熱っぽく語られました。人権とは、「いのち」。「いのち」は自分ではつくれない、このことが人間平等の基本である。山口さんの持論です。山口さんは、上記25年の国連世界女性会議すべての取材・報道やNGOフォーラム、啓発活動等を通して、女性の社会的地位の向上と男女共同参画社会の推進に大きく貢献されました。
参加者からは、「命の輝きのお話は、胸にぐっときました。」「人権を「いのち」と捉えるのはとても大切。」「元気が出ました。」「山口さんをはじめとする先輩たちのご尽力に感謝。」「一人の人間として、社会的性差に立ち向かっていきたい。」などの感想が寄せられました。



イベントレポート

お問い合わせ
広報課
京田辺キャンパス
TEL:0774-65-8631