社会システム学科

  1. ホーム»
  2. 学部学科・大学院»
  3. 現代社会学部»
  4. 社会システム学科

社会システム学科

「法律」「コミュニケーション」「情報活用」の3つのツール科目で身につけた基礎力を基盤に、最終的には「多文化共生」「京都学・観光学」「ライフデザイン」「ビジネスマネジメント」「公共政策と法」の5コースから個々の興味に従った専門ジャンルを選択。人との交流やフィールドワークを重視し、社会変化に柔軟に対応できる人材を育てます。

社会システム学科の特色

  1. point01

    主体的な学びのデザイン。

    多様な分野を含む科目群から、学生が主体的に科目を選択できるのが特長。基礎科目で土台を整えたあと、2年次からは各自の関心に応じたカリキュラムを設計できます。

  2. point02

    興味に合わせた5つのコースから選択。

    3年次からは「多文化共生」「京都学・観光学」「ライフデザイン」「ビジネスマネジメント」「公共政策と法」の5コースより1つを選び、より専門性の高い知識を学んでいきます。

  3. point03

    コミュニケーション力を高める特別プログラム。

    独自の英語特別プログラム「CASE(Career and Academic Studies in English)」で、世界に羽ばたく女性を育てます。中国語、フランス語、ドイツ語でも同様のプログラムを提供しています。

  4. point04

    実践を通した問題解決型の学習。

    地域や企業と連携し、現状の課題を分析・解決することをめざすプロジェクト型の授業など実践的な学びを通して、課題発見・解決能力を育てます。

学部学科・大学院

センパイblog