医療薬学専攻

  1. ホーム»
  2. 学部学科・大学院»
  3. 薬学研究科»
  4. 医療薬学専攻

医療薬学専攻

基礎薬学と医療薬学を包括した総合的な薬学を体系的に習得。臨床の知識を生かし、研究を遂行できる基礎薬学研究者、臨床現場において基礎薬学的知識を応用できる専門的薬剤師をはじめ、医療薬学の分野に貢献できる専門家を養成します。

医療薬学専攻の特色

  1. point01

    基礎薬学と医療薬学を包括した総合的な薬学の修得。

    基礎薬学にかかわる科目を設置し、広範な薬学領域において必要とされる基本知識・技能を習得した上で、高度化した薬物治療における医療と創薬科学をつなぐ医療薬学を基本に、「臨床」を意識した高水準の教育・研究を展開。研究指導科目、講義科目、実習科目で構成されたカリキュラムで、社会に貢献できる総合的な薬学を体系的に学びます。

  2. point02

    医療現場で就労している薬剤師を社会人学生として受け入れ。

    日々、革新が続く大学・研究所、医療機関、民間企業、地方自治体などの医療現場に対応し貢献できる高い専門性を持った人材、優れた研究能力を有する専門的職業人や、その人材育成を担う指導者を養成します。また、医療現場で活躍する薬剤師など社会人を対象とした入学試験を実施し、社会人学生を積極的に受け入れ、職能教育にとどまらず、臨床に従事しながら研究を行い、臨床の経験を生かしてほかの研究職域でも活躍できる薬剤師を輩出します。

学部学科・大学院

センパイblog