日本語日本文化専攻

  1. ホーム»
  2. 学部学科・大学院»
  3. 文学研究科»
  4. 日本語日本文化専攻

日本語日本文化専攻

言語・文学・思想・宗教・芸術・情報まで、あらゆる角度から日本の言葉と文化を追究。日本文化を、学際的に融合的に、世界視野で見つめます。また京都の歴史文化を体感しながら、日本の現在・過去・未来を考察します。

日本語日本文化専攻の特色

  1. point01

    多彩なアプロ-チを用いた日本語と日本文化の研究。

    日本文化を多様な視点から学際的・融合的に研究します。特定の学問ジャンルにとどまらず、言語・文学・思想・宗教・芸術など多彩な切り口から日本の言葉と文化を追究します。また日本を総合的にとらえる入り口として、歴史と伝統の都「京都」に着目。今出川キャンパスの地理的・歴史的環境を活かし、日本文化の源泉である京都の文化を考える科目が豊富です。学びから各自のテーマと研究手法を見出し、日本文化への考察と論文づくりを進めます。また、文化庁のガイドラインに準拠した日本語教員養成課程を設置しています。

  2. point02

    社会人でも学びやすいフレキシブルなシステム。

    多様な人々の受け入れが前提の本専攻。開講時間などは、職業や家庭を持つ人でも研究活動が可能になるように配慮しています。現在、本学や他大学のさまざまな学部出身者をはじめ、外国人留学生や社会人、主婦などが研究を進めています。国際的視野と幅広い教養を備えた社会人の育成を目的とし、研究者のほかにも日本語教師や中学・高校教諭、学芸員など高度な職業人の養成も行っています。

学部学科・大学院

センパイblog