情報文化専攻

  1. ホーム»
  2. 学部学科・大学院»
  3. 文学研究科»
  4. 情報文化専攻

情報文化専攻

「メディア文化」と「表現文化」、2分野の研究をとおし、情報文化の本質理解と、先端メディアを駆使した表現力・プロデュース力を修得。より高度な専門知識を持ち、広く現代のメディア社会に貢献できる人材を創出します。

情報文化専攻の特色

  1. point01

    情報メディアの進展や多様性を文化的視点から探究。

    21世紀におけるコミュニケーション・メディアの進化、とりわけ現代の情報技術の進歩とその一般化は、さまざまな領域で変革をもたらしつつあり、人間の思考方法や行動様式にまで影響を与えようとしています。その意味で今日における人間の知的・文化的営為の探究には、従来の文化研究の枠組みをもとにした新たな「情報文化」という視点が求められています。本専攻では、このような現代的な課題に対して「メディア文化」と「表現文化」という2通りのアプローチを有機的に結合して独自の教育研究体制を編成しています。

  2. point02

    現代メディア社会の創造的発展に寄与する人材を育成。

    「メディア文化」分野と「表現文化」分野における研究を通じて、情報メディアにかかわる高度な専門的知識を有し、先端のメディアを駆使した表現力やプロデュース力を発揮できる人材を養成します。マスコミ・広告関連分野や情報技術分野、またメディアを駆使した芸術系分野、さらに情報メディア系の教育分野など多様な分野で活躍できる人材を養成し、現代のメディア社会の発展に寄与することをめざします。

学部学科・大学院

センパイblog