食物栄養科学専攻

  1. ホーム»
  2. 学部学科・大学院»
  3. 生活科学研究科»
  4. 食物栄養科学専攻

食物栄養科学専攻

「食」を学問的にとらえ、生活者の視点で「食」と向き合いながら、食品・栄養・調理に関する高度な専門知識・実践的技術を習得。研究を通じて病院や福祉施設の臨床現場、企業の研究所などで活躍できる実力を養います。

食物栄養科学専攻の特色

  1. point01

    生活者の視点と高度な知識をともに備えた研究者を育てる「食物栄養科学コース」

    「食品学」「栄養学」「調理学」の3分野から一つを選択して研究テーマを決め、実験を中心とした研究活動を展開。生活者の視点を土台に、「食」についての高度な専門知識と思考力を持った研究者を養成します。研究経験と専門的職業人としてのセンスを養い、修了後に大学・短大の教員や企業での研究員として活躍する可能性を拓きます。

  2. point02

    病院・福祉施設などで活躍できる管理栄養士を養成する「臨床栄養学コース」

    管理栄養士免許取得者を対象に、最新医療の高度な知識と技術を持った管理栄養士を養成します。病態栄養学を中心とした講義科目、高度先進医療を実施している病院での1年間のインターンシップ、医師と協力して行う病態栄養の症例研究などをとおして知識と技術を磨き、修了後は、高度な栄養管理を遂行できる管理栄養士として活躍できます。

学部学科・大学院

センパイblog