日本語日本文学科

  1. ホーム»
  2. 学部学科・大学院»
  3. 表象文化学部»
  4. 日本語日本文学科

日本語日本文学科

語学、文学、文化といった多彩なアプローチで「日本」を探究。近代文学・古典・現代日本語・日本語教育という4つの領域をバランスよく網羅し、専門分野をより深く学ぶための基礎とします。さらに、外国との対照・比較しながら「日本」を理解し、真の国際人としての素養を身につけます。

日本語日本文学科の特色

  1. point01

    日本語から日本を知り、自分を知る。

    言葉は論理であり、文章を書くことで考えが明快に整理されます。本学科ではまず日本を代表する文学について、その魅力に触れながら地道に読み解き、本質に迫る洞察力を育てます。

  2. point02

    日本語と日本語による表現を探究。

    学びの4領域を柱として、各方面から日本文化の本質に迫ります。学生間のコミュニケーションと専門教育を通し、グローバルに情報発信できる真の国際人としての素養を育みます。

  3. point03

    4年間の学びの集大成を卒業論文で結実。

    各自が関心に応じたテーマを設定し、文献の収集や実地調査、資料の分析を行い、卒業論文を作成していきます。指導教員のアドバイスや学生相互の討論も考えを深める一助となります。

学部学科・大学院

センパイblog