国際教養学科

  1. ホーム»
  2. 学部学科・大学院»
  3. 学芸学部»
  4. 国際教養学科

国際教養学科

瞬時に世界中の情報が入手でき、異なる文化が融合した多文化共生社会となった現代、コミュニケーションツールとして大きな役割を担う英語を学ぶことが重要視されています。ほとんどの授業を英語で行うなどきめ細かい指導体制のもと英語力を基盤に、問題解決能力を身につけ国際舞台で活躍できる女性を育成します。

国際教養学科の特色

  1. point01

    1年間の留学を中心として段階的に培う幅広い教養。

    本学科の目標は、高い英語運用能力を身につけ、明確な目標を持って留学し、留学後の学習を通して最終的に物事の本質を見抜く力を持った女性を育てることにあります。語学力の向上と体系的に学びを深められるカリキュラム構成で、集大成として英語で卒業論文をまとめます。

  2. point02

    高い英語運用能力と国際的視点に立った発信力の修得。

    本学科の留学は留学先での正規科目履修を意味します。留学前には習熟度別の少人数クラスで徹底的に英語運用能力を磨きます。留学先では、現地学生と肩を並べ、議論や発表をすることで、語学力、コミュニケーション能力の飛躍的向上だけでなく、真の異文化体験が可能です。

  3. point03

    充実の留学サポート体制。

    海外留学には、自ら課題を解決しようとする積極的な姿勢が重要ですが、時には一人では対応しきれないことも起こります。本学科では留学中、学習に関するアドバイスを行うとともに、生活面についても一人ひとりの学生にきめ細やかなサポートを行っています。

学部学科・大学院

センパイblog