入試ガイド

  1. ホーム»
  2. 入試ガイド»
  3. アドミッション・ポリシー

アドミッション・ポリシー

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

【教育理念・目標】

 同志社女子大学は,新島襄の先駆的な女子教育への情熱に基づく女子塾を起源とし,創立以来,良心教育を柱とするキリスト教の精神に基づく人格教育,リベラル・アーツ教育,国際主義教育を核にすえ,その実現に向けた教育研究活動を実践している。すなわち,「良心を手腕に運用」して「キリスト教主義に基づき,世界的視野で主体的に考え行動」し,「国家から個人に至るまで,国際社会を構成する一員であることを自覚して,文化,経済,外交面にわたる国際交流を推進しながら国際社会に貢献し,その結果として国際社会における地位を高めること」のできる女性の育成につとめている。
 この建学の精神および基本理念に基づき,時代や社会の要請に応じた教育を行い,いずれの学部学科においても,専門分野に関わる識見と幅広い教養とを身に付けさせ,多様な進路に柔軟に対応できるバランスのとれた女性を社会に送り出すこととしている。

【入学者受入方針】

 本学は,「キリスト教主義」・「国際主義」・「リベラル・アーツ」を教育の理念とし,学生一人ひとりが持っている才能を生かして,責任感を持って社会に貢献できる女性を育むことを目指している。
 入学者受入れにあたっては,それぞれの学部学科における教育理念および教育目標に基づく専門的知識と理論を修得し,様々な分野で社会において貢献・活躍したいと考える多様な優れた資質を有し,学びへの意欲に溢れる女性を求めるとともに,個性豊かな学生が互いを尊重し合い,高め合う教育環境を実現するために観点の異なる複数の入学者選抜を実施している。
 入学者選抜において,高等学校における教科学習の総合的な達成度を評価するため,学部学科ごとの入学試験教科・科目の設定や,学業以外の分野における秀でた個性(活動歴),異文化体験,社会人としての経験等を評価する複数の選抜方法の設定など,本学の建学の精神に深い理解を示し,自覚をもって勉学に励もうとする個性豊かで有能な女性を,多様な複数の選考制度を通して広く求めている。

入試ガイド