大学概要

  1. ホーム»
  2. 大学概要»
  3. 教育理念

教育理念

キリスト教主義

自らのためだけではなく他者のために学び生きる

同志社女子大学は、創立以来一貫してキリスト教の教えに基づく愛と自由の精神を建学の理念として受け継いできました。自己確立のための学びは、隣人を愛し他者に仕える心を育むことによって深まります。
自己の利益にのみとらわれず、自由かつ主体的に他者への愛を実践できる女性、社会において「地の塩、世の光」となりうる女性の育成をめざします。

国際主義

世界的な視野に立って人類の共生に取り組む

新島襄は、欧米での経験に基づき、ただ一国の視点からだけではなく、国際的視野に立って歴史や事象を客観的に俯瞰し分析しうる能力を培うことの重要性を認識し、それを教育のなかで実践しました。宗教や文化、言語や民族の違いを越えて、グローバルな視点から世界を見つめ共生の道筋を探ること、これが「国際主義」教育の原点です。

リベラル・アーツ

人間を育む

本学は開学時より、リベラル・アーツを教育の柱としています。学問領域の高度化、専門化、ハイテクノロジーの時代を迎え、ともすればこれらへの対応に押し流されて、肝心の人間そのものが見失われてしまいがちな現代。
このような時代だからこそ、あらためて「人間とは何か」という根源的な問題について幅広い視点から考え、歴史や世界の事象を総合的、学際的に把握する試みが必要です。人間性の陶冶と涵養、これがリベラル・アーツ教育の目標です。

本学はリベラル・アーツの伝統を大学名に表明するため、
英語名をDoshisha Women’s College of Liberal Arts(D.W.C.L.A.) としています。

大学概要