大学概要

  1. ホーム»
  2. センパイblog»
  3. センパイリスト»
  4. 英語英文学科 みろう

英語英文学科 みろう

英語英文学科 みろう

富山県出身の英語英文学科4年次生です!わたしの大好きな同女と京都についてお伝えしていきます!

いざ、極楽浄土へ!

2016.11.14

みなさん、こんにちは~! みろうです。

最近、京都では12月下旬並みの寒さが観測されるほど、寒くなっています!!

 

つい先日のことなのですが、家族と宇治の平等院鳳凰堂へ行ってきました!

平等院鳳凰堂といえば、11世紀に藤原道長の息子の頼通によって造られたものですね~。

末法思想が流行した当時、極楽浄土へいけるようにと造られたそうですが、池の中に浮かぶ鳳凰堂は本当に幻想的でした。

普段、十円玉で慣れ親しんでいるせいか、茶色ではなく赤い外観に驚きでした(笑)

 

宇治はお茶の生産地としても有名な場所なので、周辺にはお茶屋さんの本店がいくつもありました!!

抹茶ソースのかかったたこ焼きや抹茶色の焼きそばなどのユニークな食べ物も売っており、見るだけでも楽しかったです。

 

また、この日は同女近辺の和食屋さんで京都の日常使いのおかずである、おばんざいを食べ、京都観光を満喫しました!

私も、時間があったらおばんざいづくりにトライしてみたいです。

 

今年もあと2カ月弱。体調には十分気を付けて、乗り切りましょう!!

ごほうび!

2016.11.02

こんにちは!みろうです。

この頃はすっかり寒くなってきましたね~。みなさん、風邪を引かないよう、暖かく過ごしてくださいね!

 

先日、授業でプレゼンをしました!グループで2週間ほど前から用意をしてきたプレゼンだったので、本当に疲れましたが、やりがいのあるものでした(⌒∇⌒)

そのごほうびに食べてきたのが写真にある抹茶のホットケーキです!抹茶スイーツが大の好物なので、本当に幸せでした!!この日は、小さい頃から好きなビートルズのドキュメンタリー映画も観ることができ、とてもリフレッシュできました!

 

みなさんも何かと忙しいと思いますが、自分なりのリフレッシュ方法を見つけて、メリハリのある毎日にしてくださいね~!!

夏の色

2016.09.23

みなさん、こんにちは! 英語英文学科3年次生のみろうです(⌒∇⌒)

残暑厳しい毎日でしたが、いかがお過ごしでしたか?

 

私の場合、今こうして夏を振り返ると、大変なこともありましたが、本当に充実した夏でした!

8月に、地元でインターンをした際には、自分のコミュニケーション力の不足を痛感したり、家で勉強している時に、だらけてしまい、集中力のなさを反省したりしました。

また、夏休みはダイエットを頑張ろうと筋トレやランニングをするも、結果がでなくて落ち込むことが度々ありました。

 

しかし、どの経験も自分を写す鏡であり、自分に不足しているものを教えてくれたり、苦しい時こそ頑張ることに気付かせてくれたりしたと思います。私は日記を前からつけているのですが、自分の考え方も少しずつ変わってきているように思いました。

 

みなさんも、様々な場面で苦しかったり、辛かったりすると思います。でも、その先の景色はいつもと違う色で輝いているはずです。そう信じて、一日一日を大切に生きて行きましょう!

 

写真は、シルバーウィークに東京へ旅行した際に撮ったものです!2階だてバスからの東京タワーに圧倒されました!

福島に行ってきました!

2016.05.06

こんにちは~

みろうです!

みなさん、ゴールデンウイークはいかがお過ごしでしたか?

私は、福島県の喜多方・会津に家族と一泊二日で行ってきました!

 

福島には幼い頃に一度行ったきりだったので、今回がほぼはじめてでした笑

 

しかし、着いた直後から喜多方ラーメン、みそ田楽を頂いてすっかり福島グルメに完敗!!ほんとに美味しかったです('∇')

 

その後、車を30分ほど走らせ日新館へ。

日新館は、江戸時代の藩校です。復元された日新館には、教室や弓道場などがありました。同志社女子大学創立者、新島八重の兄である山本覚馬は、ここで学び、先生としても活躍しました。そこでは、「ならぬものはならぬ」という会津の精神を感じることができました!

 

二日目は、鶴ヶ城へ。

ここは新政府軍との戦場になった場所で、八重さんも戦争に銃を持って参加しました。

あいにくの雨でしたが、天守閣から見える景色は絶景でした!

 

その後、白虎隊(会津藩が組織した藩士の子弟たち)の自刃の地である飯盛山、そしてユニークな構造を持ったさざえ堂へ。

 

白虎隊の自刃は、会津の方々にとって、悲惨な歴史です。しかし、白虎隊の墓前には本当に多くの線香が上げられており、忘れられることは決してないのだろうと思いました。

 

最後に訪れたのは、七日町通り。

蔵を改装して作られたレトロな雰囲気のお店で、会津の郷土料理を頂きました。

 

なかでも、にしんの天ぷらは絶品!

ちなみに福島では、古くから保存食として、食べられていたそうです。

 

最後に…

同女に通って三年。

ようやく、同志社女子大学の創立者、新島八重さんの故郷を訪れることが出来ました。

 

おいしいものを頂いたことはもちろん、会津の人々の心「会津魂」に触れられたような気がして嬉しかったです('∇')

 

みなさんも八重さんの故郷、福島を訪れてみてはいかがですか?

イギリスに行ってきました\(^_^)/

2016.04.08

こんにちは!

英語英文学科3年次生のみろうです。

4月に入り、窓から満開の桜を眺められる季節となりました。

桜を見ると、新入生に返ったような新鮮な気持ちになれてよいですね!

 

突然ですが、みなさんは海外に興味はありますか?

私は小さい頃から「いつか海外へ行ってみたい!」と思い続けていました。そして、今年の春休みに、同女の海外語学研修プログラムを利用して、イギリスに行ってきました!

わずか1か月の研修でしたが、その中で私が気づいたこと(主に生活面で)をみなさんに少しでも伝えられたらなと思います。

 

<英・エクセターってこんなところ>

私の滞在先は、イギリス南東部の田舎町、エクセターです。

日本では当たり前にある、24時間営業のコンビニはありません。また、パブやバーを除き、デパートやレストランなど、ほとんどの店が夕方6時に閉店します。本当です。実際、私のステイ先のファザーも夕方6時半には、だいたい仕事から帰ってきて、子どもたちと遊んでいました。はじめはかなり驚きましたが、こうして人々が早くに帰宅することで、家族との団欒を楽しめるのは、とても豊かな生活だなと感じました。

 

<カレー(華麗)な食事?>

イギリスの食事はよく「おいしくない」と言われます。

確かに、イギリスの伝統料理は油っぽく、味付けが少し単調な部分があります。しかし、移民の影響で、本格的でおいしい諸外国の料理がレストランなどで食べられます!ちなみに、私のステイ先はファザーがインドの方、マザーがスリランカの方で、毎日家ではおいしいカレーと米を食べていました。驚いたのは、研修先の授業で「イギリス人に最も人気なのはカレーである」と学んだことです!

 

<当たり前のことだと思っていたことが・・・>

私は研修中、バス通学でエクセター語学学校に通っていました。

「イギリスのバスは乗るのが大変!」と、イギリス留学に行ったことのある友人からかねて聞いていたのですが、実際そうでした(´;ω;`)日本のバスでは、次のバス停の名前がアナウンスされるのですが、エクセターのバスはアナウンスがありませんでした!その為、降りるバス停の場所を覚えるまでは、本当に大変でした。

また、エクセターで買い物をした際にとても驚いたのは、店員さんが商品をビニール袋に入れたり、包装紙に包んでくれたりしないことです。研修中、改めて日本のサービスのきめ細やかさに感心しました。

<最後に>

研修中は、「日本では当たり前だと思っていたことが、当たり前ではない」ということを強く感じさせられました。しかし、それを不便だとか、嫌だとか思わずに受け入れていくことで、新しい価値観を得られると思います。また、私は研修に行く前までは、「日本でも英語は勉強できる」と思っていました。確かに、それは可能ではあります。しかし、留学では英語力以上に得られるものがたくさんあります。文化の違いを学ぶこともそうですし、多くの人との出会いがあります。私にとってホストマザーとの出会いは、研修において何よりの宝となりました!ですので、留学を少しでも迷っているという方はぜひトライしてみてください!!

 

No Venture No win

(冒険なくして勝利なし)

これは、研修中に知り合ったおばあさんが教えてくれたもので、私のお気に入りの格言です(⌒∇⌒)


センパイblog