1. 同志社女子大学ホーム
  2. 大学紹介
  3. 大学案内 | 広報情報
  4. 大学キャラクターVIVI

大学紹介 大学案内

大学キャラクターVIVI

名前はVIVI(ヴィヴィ)。21世紀の本学女性像をアピールするキャラクターにふさわしい名前として、元気ではつらつとしたイメージがあり、躍動的・キビキビしたという意味の英単語「vivid」から引用し、2002年、公募により名づけられました。

VIVIの特徴

リボン(同志社)とステッキ(Vine)で同志社女子大学をあらわしています。

ヴァインのステッキ

人と人を結ぶ友達づくりができるステッキ。

校舎風レンガ色のワンピース

知性と趣を感じさせるキャンパス外観と同系のレンガ色。

年輪風ボーダー柄

幾重にもなったボーダーは同志社女子大学の歴史を表現。

グローバルな視野

黒と青の2色の瞳は日本はもちろん世界を見渡せる。

好奇心の靴

甲に付いたポンポンで世の中の動きを素早く察知し、しなやかに動ける靴。

VIVI

VIVI誕生までの経緯

  • VIVI
  • 2002年6月6日
  • 同志社女子大学を一緒に紹介してくれるキャラクター、同志社女子大学らしい、在学生・受験生に親しまれるキャラクターを制作するため、在学生・教職員に募集を開始しました。
  • VIVI
  • 2002年10月31日
  • キャラクター応募締切
    応募総数は47作品で、内訳は次の通りです。
    ネコ系(9作品)・女の子(7作品)・妖精(5作品)・ネコ以外動物(5作品)・伝統女性(2作品)・太陽(2作品)・花(2作品)・その他(15作品)
  • VIVI
  • 2002年11月~12月
  • 応募作品を検討。
    広報スタッフ(大学の広報活動に協力している在学生)より意見を聞き、「ネコ」を基に制作を開始することになりました。理由は、応募が一番多い、誰でもが書きやすく動物のほうが愛着が生まれる、プレゼンテーターとしてイメージがいい、自主自立・品性と活発なイメージがあり21世紀の本学女性像をアピールしやすい、などです。
  • VIVI
  • 2003年1月~3月
  • 5種類のネコのキャラクター案を制作し、広報スタッフミーティングで意見を集めたところ、ブドウのステッキを持ったネコの姿・形がもっとも好ましいとの意見が多くありました。
    その後、大学内の会議での了承も得られ、上記のようなネコの姿に決まりました。
  • VIVI
  • 2003年4月中
  • キャラクターの名前を募集しました。
    当初、在学生・教職員のみを対象と想定していましたが、一般の方からの応募も受け付けることになりました。新聞各紙にもこの募集キャンペーンのことが掲載されました。4月末に締切。応募総数は139件(在学生63件、教職員11件、卒業生10件、一般の方55件)でした。
  • VIVI
  • 2003年5月
  • 大学内での会議にて、「VIVI」に決定。
    在学生・卒業生・教職員・一般の方から139件の応募がありました。
    たくさんのご応募ありがとうございました。
  • VIVI
  • 2015年1月
  • さらに「VIVI」に親しんでもらえるよう、学科ヴァージョンのVIVIを制作することになり、 在学生を対象にアイデアを募集。計19名より42件のアイデア応募があり、その内11名(23件)のアイデア、またアイデアの一部を採用しデザイン化しました。
    *詳細は「学科ヴァージョンVIVI」 をご覧ください。