1. 同志社女子大学ホーム
  2. 大学紹介
  3. 大学案内 | 大学概要

大学紹介 大学案内

大学概要

本学の概要

同志社女子大学は1876年、京都の地に同志社の創設者・新島襄、妻八重らによって創立され、リベラル・アーツに基づく教養教育の伝統と、柔軟な変革の歴史を持つ6学部11学科1専攻科4研究科、学生数約6,500名を擁する総合女子大学です。キリスト教主義、国際主義、リベラル・アーツの3つの教育理念に基づいた教育・研究活動を展開し、2011年には創立135 年を迎えました。

創設者・新島襄、八重

創設者・新島襄、八重

大学の規模(2015.5.1 現在)

  • ・学部学生…6,507名(学芸学部1,439名 現代社会学部1,847名 薬学部818名 看護学部82名 表象文化学部1,325名 生活科学部996名)
  • ・専攻科生… 16名(音楽専攻科16名)
  • ・大学院生… 49名(博士課程17名・修士課程32名)
  • ・卒業生…62,441名
  • ・専任教員…191名
  • ・校地面積…154,968m²(京田辺 130,993m² 今出川 23,975m²)
  • ・校舎面積…87,509m²(京田辺 59,504m² 今出川 28,005m²)
  • ・図書館蔵書…549,142冊(京田辺 345,932冊 今出川 203,210冊)

キャンパスの紹介

京田辺キャンパス

友和館

洗練された京田辺キャンパス

京都・大阪・奈良の3府県にまたがる関西学術研究都市エリア内に位置し、緑豊かな風景に最先端の学舎群が美しく調和した自由でのびやかな環境です。パイプオルガンを備えた新島記念講堂や屋外エスカレーター、模擬薬局のある憩水館(けいすいかん)などがあります。2010年には新しく中庭(Vinculmの庭)がオープンしました。 

今出川キャンパス

栄光館

歴史ある今出川キャンパス

古都の風情が感じられ、135年の歴史と伝統が薫るキャンパスです。国の登録有形文化財に指定されている栄光館やジェームズ館など、趣ある学舎が立ち並び、図書館は全国的にも珍しい地下式建築です。キャンパスのすぐ向かいには京都御苑があり、鴨川や世界遺産の下鴨神社もすぐ近くです。

入学後の高い満足度・安定した学校経営

全国125大学に在学する10,779名の学生を対象にした調査では在学生の満足度ランキングが全国3位となり、入学後の満足度が非常に高い大学である点が客観的な数値として示されています。学校法人同志社は安定した財政基盤のもと経営を行っており、㈱格付投資情報センター(R&I)から「AA+」の格付けを取得しています。

このページの先頭へ


学びのシステム

多彩で柔軟性のある学びのシステム

リベラル・アーツを教育理念の一つとする本学では、一人ひとりの学生が個性と意欲を最大限に発揮し、知識の幅を広げることができるよう、多彩で柔軟性のある学習スタイルを設定しています。他学科科目の受講や、同志社大学大学コンソーシアム京都等との単位互換、国内留学制度など、幅広い選択肢の中から自分の興味や関心に基づいて履修ができ、それらを相互に関連づけながら学ぶことで、自らの関心や専門を深め、広い視野から物事の本質をとらえる力と創造力を養成しています。

多彩で柔軟性のある学びのシステム

専門性を高めるカリキュラム編成

高度な専門知識を学ぶことができるよう、専門科目を段階的に学ぶカリキュラムを編成し、実践教育を意識したカリキュラムも豊富です。結果として薬剤師国家試験や管理栄養士国家試験の高い合格率などを実現しています。関連する他学科の科目も履修できることで、一層深みのある研究が可能になっています。

少人数教育

一人ひとりの個性を磨き、豊かな知性をはぐくむために、創立以来少人数教育によるきめ細やかな指導を重視。教員や学生同士、互いの顔の見える近い距離で向き合い、少人数ならではのディスカッションやグループワークを中心とし、主体性や論理的思考力、プレゼンテーション力、コミュニケーション力などを、4年間の学びの中でしっかり身に付けることができます。

このページの先頭へ


学内生活サポート

ビッグシスター制度

1957年に始まり、50年以上続く本学ならではの制度です。新入生の学科や出身地、趣味などを参考に信頼できる上級生(ビッグシスター)を入学前に紹介。新入生(リトルシスター)が新たな環境に一日でも早くなれるように上級生がしっかりとサポートします。2014年度は約480名の新入生がこの制度を利用しています。

ビッグシスター制度

ビッグシスター制度

新入生オリエンテーション

高校から大学での学びへの移行を支援することを主たる目的とし、上級生リーダーが中心となり、教職員と一丸となって新入生の迎え入れを行っています。新入生交流会では出身地別にテーブルを分け、在学生・教職員も参加し、学部学科の枠を超えて親睦を深めます。

新入生オリエンテーション

アドバイザー制度

アドバイザーと呼ばれる教員が1名ずつ各クラスを担当し、学生生活や将来の問題について相談にのっています。

アドバイザー制度

奨学金制度

国・地方や民間による奨学金のほかに本学独自の奨学金制度も充実しており、現在3割以上の学生がこれらを利用し、日々の学びに、留学にと、充実した学生生活のために大いに役立てています。

奨学金制度

学生寮

遠隔地出身の学生を対象に、セキュリティーや食事、健康などの面から学生の生活をサポートする学生寮(みぎわ寮・めぐみ寮)が両キャンパス近くにあり、それぞれ100名~120名の寮生が共同生活を行っています。


充実した学内外イベント

10月には京田辺で1,000名以上の学生が参加するスポーツフェスティバル、創立記念日(11月29日)の前には今出川でEVE(大学祭)が行われ、キャンパスはにぎわいを見せます。サマーキャンプ(2014年度は富士山YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジで実施)、スプリングキャンプ(2014年度は沖縄で実施)の両行事にも、多くの学生が参加しています。


このページの先頭へ


キリスト教主義に基づく行事

チャペル・アワー(礼拝)

キリスト教主義に基づく本学では、創立以来、毎日午前中に「チャペル・アワー(礼拝)」が行われます。パイプオルガンの音色に心を落ち着かせ、讃美歌を歌い聖書の一節に触れ、祈りをささげることでキリスト教主義の精神を感じるひとときです。

チャペル・アワー(礼拝)

  • チャペル・アワー(礼拝)

    チャペル・アワー

  • リトリート・ワークキャンプ

    リトリート

リトリート・ワークキャンプ


毎年春と秋の2回、同志社びわこリトリートセンターで開催されるリトリートは、静かな環境の中で心を養う1泊2日のプログラムです。ワークキャンプは毎年9月に新島襄の故郷・群馬県の福祉施設で約1週間、ボランティアを体験し、生きる意味を考える行事です。ともにキリスト教主義の本学ならではの行事といえます。

このページの先頭へ


国際交流プログラム

本学は建学の精神に「国際主義」を掲げて今日に至っています。「海外協定大学への中・長期留学制度」や「海外研修プログラム」など数多くのプログラムの充実に力を注ぎ、これまでに国際感覚を有するグローバルな人材を多数育成・輩出してきました。ESSR(English Study Support Room)やハイレベルな英語運用能力を養う英語特別プログラム(CASE)などの特別プログラムも充実しています。


このページの先頭へ


キャリア支援

大学生活を通じて自分が望む生き方について考え、キャリアアップできるよう、一人ひとりにきめ細やかで熱心なアドバイスを行っています。1年次から将来について考え、人生観や職業観を形成する科目を開講するほか、毎年のべ2,000名以上が利用する資格取得支援講座、在学中に企業や行政機関で働くインターンシップ、3年次からは就職ガイダンス、各種セミナー、企業担当者や卒業生による懇談会などを開催しています。またANAグループとの連携事業に基づくホスピタリティーセミナーや、教職を第一志望に考える学生のための教職課程センターも充実しています。

キャリアサポート



多様な入試制度

建学の理念に基づいて、さまざまな資質や能力を有する優秀な人材を迎え入れることをめざし、多様な入試を実施。一般入試・推薦入試・AO入試等数多くの受験制度があり、全国各都市に入学試験場を設けています。一つの学科をさまざまな入試種別で複数回受験できるなど、受験生の夢や目的にあわせた、チャレンジが可能です。

同志社女子大学受験生サイト 入試ガイド

このページの先頭へ


社会貢献・産学連携

地域・社会に開かれた大学

京都の大学ならではの公開講座「町家で学ぶ京都の歴史と文化」、60余年の歴史を誇る英語英文学科の原語劇「Shakespeare Production」、音楽学科の定期演奏会オペラ公演『フィガロの結婚』上演などを行い、広く社会に公開しています。 学生が地域と連携する事業も数多くあり、現代こども学科では地元の京田辺市の小学生を招いたイベント「こどパ」を開催や、食物研究会では京都ブライトンホテルと共同でオリジナル商品を開発・販売しています。これらの活動は地域貢献はもちろん、学生にとっても日ごろの学習の成果を発揮でき、社会や企業の方と活動をともにできる良い機会となっています。

オペラ公演『フィガロの結婚』

Shakespeare Production

このページの先頭へ


高校生の方へ

オープンキャンパス キャンパスツアー

オープンキャンパスを通年にわたり開催。学科紹介やミニ講義、在学生スタッフによる個別相談やツアーなど数多くのプログラムを取りそろえています。オープンキャンパスに参加できない方のために、4~12月までの休日にはキャンパスツアーを開催し、大学にじかに触れていただく機会を提供しています。

オープンキャンパス

高校生を対象としたコンテストを実施

高校生を対象とした短歌コンクール「SEITO百人一首」や写真コンテスト「SEITOフォトコン」を実施し、全国から数多くの応募をいただいています。入選作は本学サイトにてご覧いただけます。

このページの先頭へ


卒業生

本学の卒業生は約62,500名(2015年現在)。国内だけでなく、世界の各地を拠点に活躍しています。卒業後も温かいきずながいつまでも続くようにと、人と人をつなぐぶどうの蔓(Vine)となるのが、同志社女子大学同窓会≪Vineの会≫です。大学とのホームカミングデー共催など、多岐にわたる活動を行っています。同志社同窓会は、前身を含む同志社女子大学・女子中学校高等学校の全卒業生を対象とし、総会・リユニオン・バザー等の活動を実施しています。